2019年11月10日

ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」動画の編集

 ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」を Sound Canvas VA で全曲やってみました。昔 Nifty-serve の FMIDICLA で発表した MIDI データですが、今回全面的にテンポを見直しました。動画では、テンポを表示しながら演奏しています。

 動画の編集も少しだけ頑張ってみました。映像ソースは Alchemusica の演奏を QuickTime Player の「新規画面収録」で録画。音声ソースは Alchemusica のオーディオ録音で保存したものを Audacity でレベル調整。QuickTime Player の録画の時も、SoundFlower を通して音声を録音してあります。

 映像の方を iMovie で開き、タイトル画面と、「Valse 1: Modéré」などというテロップを入れる。

20191110-1.png

 映像側はこれでよいとして、別録りした音声データと組み合わせてみた。iMovie 上で、オーディオの開始位置をなるべく合わせる。目分量ではあるけど、0.1 秒もずれてないはず。

20191110-2.png

 元の動画のオーディオをミュートして、mp4 で書き出してみた。すると、最後の方で音ズレを起こしているのです。Valse 8 の冒頭を切り出してみました。ピアノロールと音声がずれているのがおわかりでしょうか。映像と音声が別々に進行しているので、時間のわずかな誤差が積み重なって、曲の最後の方では1秒近くずれてしまっている。

 ここはちょっとトリッキーな処理が必要。まず、動画の先頭から「○分○秒」の位置を正確に知るため、今作った mp4 ファイルを VLC で開く。「再生→指定時間へジャンプ」を使って、動画の最初の方、たとえば 00:05 にジャンプする。

20191110-3.png

 画面の左上に「その時点での MIDI データ上の位置」が表示されている。このデータを Alchemusica で開いて、「MIDIデータ上の位置」を「先頭からの時間(秒)」に直す。この場合だと、「MIDIデータ上の位置」が 1:3:0 なので、イベントリストウィンドウを開いて 1:3:0 の位置にダミーイベント (@text とか) を挿入して、表示を "time in seconds" に変えればよい。あ、ちょうど 1.000 秒だ。そりゃそうだな、最初の2小節は tempo=120 で初期化データを送っているから、2拍はちょうど1秒になる。

20191110-4.png

 同じように、VLC で動画の最後の方、15:56 にジャンプする。MIDI データの位置は 598:3:403 となった。

20191110-5.png

 Alchemusica 上でもう一度ダミーイベントを入れて、秒数に変換。951.100 秒で、妙にキリのいい数字だな、と思ったが、Alchemusica では画面書き換えを 100 ミリ秒ごとに行っているためだった。

20191110-6.png

 映像のタイムスケールを変更して音声に合わせ、音声は開始位置を合わせる。ややこしいので、下の図をみてください。ffmpeg を使って、タイムスケールは itsscale、開始位置は itsoffset オプションで指定する。-map 0:v -map 1:a は、最初(0番目)の入力から映像 (v) を取り出し、次(1番目)の入力から音声 (a) を取り出すオプション。

20191110-7.png

 うまくできました!

 本当は、タイトルやテロップを入れたり、最後をフェードアウトするのとかも、ffmpeg でやりたいところ。今後の課題だな。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 22:50| 日記

2019年10月27日

「春と修羅」高島明石バージョン

 「春と修羅」、DTM でやってみました。4バージョンありますが、ここはやっぱり「アマチュアの心意気」で、高島明石バージョンでしょう。

20191027-1.png

 例のポリリズムのところ、もう少しきめ細かいテクスチャになってほしいんだけど、なんかがちゃがちゃ鳴っているように聞こえる (0'42")。もうちょい研究が必要だな。

20191027-2.jpg

 つづく単音の部分はめっちゃ難しい (1'30")。6連符が続くところ、さらっと流しちゃっていいんだろうか。それとも、一番上の E 音でちょっと粘ったりする?

20191027-3.jpg

 このあともう一度、ポリリズムが出てくる (1'53")。さっきの部分は、冒頭のメロディが最高音に出てくるので、弾き方にはあまり迷わないけど、ここのメロディの弾き方はちょっと迷う。48小節で音使いが少し変わって、転調するようなイメージ。左手のパッセージで、テヌートの音と「テヌート+アクセント」の音は当然区別するんだろうけど、あまりうまくいかなかった。

20191027-4.jpg

 明石バージョンのカデンツァ。"senza pedale" のところは軽やかに流して、「あめゆじゅ…」のところはしっとり歌う。Più mosso のところは迷った (4'26")。テンポ指示が遅めなんだけど、どうしても間延びしてしまう。指示を無視して速めに弾いてしまいました。

20191027-5.jpg

 最後の技巧的な部分。トリルのところは、どう弾けばいいのかよくわからない (5'53")。楽譜にはペダル指示がないけど、実演では右ペダル踏むとこじゃないかしら。DTM では「箱鳴り」がないので踏んでも意味ないんだけど(物理モデリングの音源を使うと、少し鳴り方が違うかもしれない)。151小節の左手の9個目の音、D# ですよね?

20191027-6.jpg

 楽譜を見ているだけ、演奏を聴いているだけでは気づかないことがいろいろ見えてきます。DTM の楽しみ方の一つですね。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 14:07| 日記

2019年10月22日

「春と修羅」楽譜買いました

 未だ感動冷めやらず。これを買いました。

20191022-1.jpg

 藤倉大作曲の「春と修羅」。役名(菱沼忠明)じゃなくて、ちゃんと藤倉さんにクレジットされている。よきよき。

 この楽譜では、4人分の「春と修羅」が、主要部とそれぞれのカデンツァを合わせた完全形で記載されている。だから、主要部分は重複して印刷されている。カデンツァはどれも魅力的だけど、やはり明石バージョンが一番親しみやすいかな。「あめゆじゅとてちてけんじゃ」の鼻歌メロディね。

20191022-2.jpg

 カデンツァの後はご覧の通り技巧的ですが、ここはまだなんとかなりそうな気がする。最初のバリエーションで出てくるポリリズムの方がきついですよ。これはお手上げです。

20191022-3.jpg

 まあ、こういう時のために DTM があるわけです。先日、長いこと塩漬けになっていたカシオの電子ピアノ PX-310 を引っ張り出してセッティングした。少しさらってから、打ち込みに入ります。(また Alchemusica の不具合がいろいろ見つかりそうだな…)

タグ:音楽
posted by toshinagata at 21:52| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ