2019年03月16日

おおさか東線、新大阪〜放出開通!

 今日、所用で新大阪駅を通ったんですよ。そしたら、こんな表示が!

20190316-1.jpg

 おお、新大阪〜放出〜久宝寺が直結してる! なんだこれ、いつからなんだ? と思ったら、なんと今日からじゃありませんか。

 新大阪周辺の鉄道もいろいろ動きがあるようだけど、個人的には十三〜新大阪間の「新大阪連絡線」が実現すると嬉しい。実家(川西市)の両親に、これが開通するまで長生きしてや、と言っとかないかんな。下のはだいぶ古い情報だけど、どうなってるんでしょうかね。

タグ:社会
posted by toshinagata at 20:21| 日記

2019年03月12日

本は読まなくてもいい

 最近、なるべく時間を作って本を読むようにしようと思っている。だけど、「本は読まなくてもいい」?

 私は読書家ではないし、愛書家でもないのだけれども、この感覚には共感できる。ある種の本は、「そこにあるだけで」いい。その本が「いつでも手に取れるところにある」(今は手に取らないけど)、「読みたくなったらいつでも読める」(今は読まないけど)、ということだけで、満ち足りた気持ちになることがある。

 たとえばどういう本か、と問われても、それを書くのは恥ずかしいんだよね。なんか、自分の心のうちを見透かされるような気持ちになるから。恥をしのんであえて書くなら、例えばジョイス/柳瀬尚紀の「フィネガンズ・ウェイク」とか、池澤夏樹編の「日本語のために」とか、グレイの「世界で一番美しい元素図鑑」あたりは、その本を書店で見かけた瞬間に「ああ、これは手元に置いときたい」と感じて、すぐに買ったものだった。

 ちょっと方向性の違う話だけど、中高生のときに買った文庫本とか新書本を大量に処分したのは大失敗だったなあ。「世界史こぼれ話」とか「進化した猿たち」とか、すっかり入手困難になってしまった。文庫本なんていつでも再入手できるような気分になってたけど、とんでもない間違いだったな。

 (えーっと、この記事「読書」タグでいいのか? 全然「読んで」ない話だけど。)

タグ:読書
posted by toshinagata at 22:33| 日記

2019年03月02日

ウメの花・ナツミカンの実

 ウメの花、ほぼ満開です。ちなみに、写真は Zenfone 5 で撮影しました。

20190302-1.jpg

 一昨年の初夏に植え替えて、昨年から咲き始めた。手入れを勉強しようと、NHK 出版の「趣味の園芸:作業12か月、ウメ」を入手して、参考にした。初夏には芽かきをして、葉が落ちた後に枝を切って形を整えた。庭木の剪定については、ネットで調べてもいろいろ記事が出てくる。けれども、やはり一人の著者が一冊の本にまとめたものの方が、体系的な知識が身につくように思う。

 ナツミカンの実も、立派に大きくなっております。

20190302-2.jpg

 去年は途中でいくつも落果してしまったのだが、今年は今のところ落ちたのは1個だけ。その1個をむいてみたら、これがおいしかったんですよ。少し酸味は強いが、果汁がたっぷり入って、味も濃かった。夏場にたくさん水をあげたのがよかったんじゃないかな。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 22:57| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ