2020年05月28日

リモートワークにバテ気味……

 連休明けからリモートワークが本格化してきた。かなりバテてます。準備がめっちゃ大変。

 緊急事態宣言が解除されて、対面の仕事が一部解禁されたが、リモートワークは継続するので、さらに仕事量が増えそう。

 悪いことばかりじゃない。今、頑張って準備していることは、来年以降にはつながると思う。仕事のやり方の引き出しが一つ増えたかな、とは思う。

 8月ぐらいになったら、少しは落ち着くのかな。あと2ヶ月か……

posted by toshinagata at 01:03| 日記

2020年05月03日

'Ecliptic for Wind Orchestra' 全曲 DTM 演奏!

 1984 年に作曲して以来 36 年。ついに、'Ecliptic for Wind Orchestra' の全曲 DTM 演奏が実現しました!

 頭の中だけで鳴っていた 17 分の音楽が、DTM とは言え、現実に音になったんですよ。感慨深いものがありますねぇ……。

 もともと、DTM に参入したのも、「いつかはこの曲を音にしたい」という思いが8割ぐらいありました。フルオーケストラの曲の DTM 化にこだわっていたのはそのためです。あんまり有名曲に手を出さなかったのも、「一から音楽を作り上げるトレーニング」が必要だと思っていたから。もちろん自分の音楽の好みがもともとそういう方向性だったわけだけど。

 これが実現しちゃったら、DTM に向かうモチベーションが下がっちゃうのかな、と思ったけど、案外そうでもない。ただ、既存曲を DTM 化する方向にはもうあまり向かわないかもしれないな。

 あ、もし "Ecliptic" を実演したい、という団体さんがいらっしゃったら、たいへん嬉しいです。フルスコアもパート譜も IMSLP で公開しています(今、改訂版の審査中です)。経費負担はちょっと難しい(というか無理)ですけど……

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 13:46| 日記

2020年04月26日

Emacs 26.3 をビルドして LilyPond ファイルの編集

 久しぶりに LilyPond を使おうと思ったら、Mac を新調してから Emacs を入れてないことに気がついた。さっそくビルドしてみた。参考にしたのはこちらの記事。

 まず、@takaxp さんのパッチをダウンロード。

 Emacs 26.3 の tarball をダウンロード・展開して、パッチを当てる。

$ cd path/to/emacs-26.3
$ patch -p1 < ../ns-inline-patch-master/emacs-25.2-inline.patch 

 Homebrew で、以下のツールをインストールしておく。

$ brew install autoconf automake pkg-config gnutls texinfo

 autoconf, configure, make を順に実行。

$ ./autogen.sh
$ ./configure CC=clang --without-x --with-ns --with-modules
$ make install -j4

 nextstep ディレクトリの中に、Emacs.app が生成している。

20200425-1.png

 あとは、昔書いた記事「Emacs で LilyPond を使う」「Emacs で LilyPond を使う (2) - Point and Click」「Emacs で LilyPond を使う (3) - スコアの一部だけを組版する」に従って、カスタマイズした Emacs Lisp をセットアップする。Mac の環境移行のときに、~/.emacs.d は移行されなかったんだな。

 無事立ち上がりました。自作の LilyPond-hide-sections もちゃんと動作している。

20200425-2.png

posted by toshinagata at 10:38| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ