2017年02月28日

「長い道」(こうの史代、双葉社)

 「この世界の片隅に」で親しみを覚えたので、こうのさんの他の作品を読んでみました。

帯は「この世界の片隅に」の宣伝ですよ。この漫画が劇場アニメ化されたわけじゃない。

 いやー、これ、何なんだろう。荘介どののキャラクターはまあわかるとして、道さんは不思議だな〜。「ノーテンキ」の一言で片付けていいのか、これ?

 道さんは、部活が化学部。押し入れにビーカーとかメスシリンダーを持っている。生き物を飼いたい、と荘介どのに申し出て許可が出ると、培地を作ってパンカビを飼い始める。理系女子なんだこの人。そこはこのマンガの本質とは全然関係ないんだけど、やっぱり気になってしまうな。この2つのエピソードは好きだ。

 あと、竹林どのが登場して、道さんの心が微妙に揺れるところがいい。「わたしもシアワセになってもいいんですよね?」って、シアワセになんなよ。でも、道さんのシアワセって何なんだろう。

 なんとも不思議な読後感だった。押しが強く迫ってくるのとは全然違って、心の片隅にひっそりと残る、という感じかな。

タグ:漫画
posted by toshinagata at 23:31| 日記

2017年02月24日

Raspberry Pi Zero 予約しました

 ついに国内販売開始。いくつか買えるところがありますが、送料の安いスイッチサイエンスさんで予約しました。

 HDMI mini と micro USB のケーブルを調達しないといけないんだけど、どういう組み合わせにするかな。変換コネクタと普通のケーブルを使うのか、直接 Zero に刺せるケーブルを使うのか。3/20 以降順次発送だから、まだ時間はあるので、ゆっくり考えよう。

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 20:18| 日記

2017年02月19日

「カードキャプターさくら」ファンのペルー女性がギネス世界記録

 いろいろと驚き。ペルーで 2000 年に「カードキャプターさくら」が放送されていたのも驚きだし、ペルー在住で公式グッズを 1000 点以上も集めたというのも驚きだし、それをギネスが世界記録と認定するのも驚き。

 確かにギネスレコードの公式に出てる:Largest collection of Cardcaptor Sakura memorabilia。"Largest collection of ナントカ" というのはギネス世界記録の一つのカテゴリとしてあるみたいですね。何かのコレクターの人は世界一を目指してみては。

タグ:アニメ
posted by toshinagata at 18:45| 日記

2017年02月13日

ふみカス引退・新宗教のレクチャー

 ふみカスこと女優の清水富美加さんが、宗教団体「幸福の科学」に出家して、通常の芸能活動を取りやめるそうです。ふみカスは、NHK Eテレの「オトナヘノベル」の MC でよく見ている。特別に気のきいたことを言うわけではないんだけど、なんだかいつも真っ正直で一生懸命な感じで、けっこう好きでした。ヒャダインさんとのコンビもいい感じだった。

 本人のメッセージによれば、「意に反した」仕事をやらされることがたびたびあった、とのこと。昨日今日の芸能ニュースを見ていると、「どうしてもう少し我慢して円満退社にできなかったのか」という先輩芸能人の声があふれ返っているけど、まあ自分が強い立場に立ちながらこういうことを言う人って、どうなんでしょうね。こういう人は、弱い立場の人のことなんて絶対わからないし、わかろうともしないんだろうな、と思う。

 で、ふみカスは子供たちにもなじみの深い人だったので、よい機会と思って、新宗教について一通りのレクチャーをしておいた。これから「幸福の科学」の広告塔として目にする機会もあるかも知れないからね。もっとも、事務所が事務所だから、私たちの目に触れるようなところでの露出はまったくなくなるのかも知れないけど。

posted by toshinagata at 22:49| 日記

2017年02月11日

El Choclo のアレンジが Tel Aviv で演奏されてた

 YouTube で自分の名前を検索してみたら、すごいものを見つけてしまいました。

 ひゃー、私が編曲した El Choclo がプロに演奏されてるよ。テルアビブ美術館の Orit Wolf Concert Lecture シリーズだそうです。IMSLP にひっそり公開していたのを、見つけてくれてありがとう。すごく自由に弾いてますけど、アレンジの骨格はそのまま残してくれてます。ああ嬉しい。

 ちなみに、楽譜付きの動画はこちらです。当たり前だけど、ぜんぜん違います。プロってすごいなあ。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 15:33| 日記

2017年02月07日

中日ドラゴンズ・ナゴヤドームの新座席

 プロ野球中日ドラゴンズ、「2017年ナゴヤドーム 新座席を発表します」(中日ドラゴンズ・公式ウェブサイト)。「リビングボックス」は3〜5人掛けのテーブルつきボックス席、「パノラマパーティテラス」は12人まで使用可能なパーティ感覚の席だそうです。

 マツダスタジアムのファミリー向けの席に倣った感じだけど、なんかイメージ図を見ても、イマイチ楽しそうに見えないんだよなあ。「リビングボックス」はちょっと狭苦しそうだし、「パーティテラス」はライブビジョン横の5階席で、グラウンドが遠すぎてどうにもならない。ドームで一番売れてない席に、ちょっと色をつけて売り出そうとしている魂胆が見え見え。もうちょっといい場所を用意して勝負をかけないと、お客さんは食いつかないと思うよ。

 昔は、ドラゴンズの試合の観戦チケットは、いい席は全部シーズンチケットになっていて、単発で入手できるチケットは上の方のグラウンドから遠い席しかなかった。最近はそうでもないようで、グラウンドに近い席でも単発で買えるようになっているようだ。

 まあ、いい加減にファンの方を向かないと、中日新聞購読者と地元財界関係者向けのサービスだけ考えていてはじり貧になっていきますわな。私は別にドラゴンズのファンではないんですが、プロ野球は好きなので、じり貧にならないようによろしく頼みます。

タグ:野球
posted by toshinagata at 00:03| 日記

2017年02月03日

音楽教室から著作権料徴収?

 「JASRAC、音楽教室から著作権料徴収へ 業界は反発『演奏権及ばない』」、「ヤマハ、河合など『音楽教育を守る会』結成 JASRACの徴収方針に反対」 (ITmedia news)。うーん、音楽教室での著作権保護楽曲の使用にクレームですか。

 教育目的だから適用外じゃないの、と思ったのだが、著作権法を改めて読んでみると、著作権(演奏権)の適用外になるには「非営利である」ことが条件になっている。ヤマハなどの音楽教室が「非営利」と言えるかどうかは微妙。教室内での演奏に使用料を払わないといけないのは確かに違和感はあるのだが、一方で他人の著作物を使った教室で利益を上げているのに著作権者には何の対価も払わない、というのもちょっと違うような気もする。その著作物を使うことを教室のウリにしている場合だってあるだろうからね。

 けっこう難しいな。「なるべく低額、でもタダではない」という使用料を設定して、大規模な音楽教室にはある程度の著作権料を納めてもらうようにするのが落としどころかな。音楽教育、というけど、「著作権者に正当な対価を支払うように動機づける」ことも、文化の振興には必要な視点なのではないですか。

あんまりしょぼい演奏をしていたら同一性保持権の侵害になるのではないか、というのは無くもがなのツッコミ。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 23:42| 日記