2017年03月30日

Raspberry Pi Zero 届いた!

 何度か納期が延期になりましたが、スイッチサイエンスさんから今日届きました!

20170330-1.jpg

 ベアメタル版 Daruma BASIC も修正なしで動いております。

20170330-2.jpg

 公式のケースも買ったんだけど、これに入れると micro SD カードの抜き差しができない。ベアメタル開発にはちょっと不便。

20170330-3.jpg

 あと、想定していたことではあるんだけど、ケーブルがごちゃごちゃしてスマートじゃないですねえ。ピンヘッダをハンダ付けして、先日の HDMI モニタと一体化させるのが便利かも。

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 22:45| 日記

2017年03月28日

愛知県で部活週休2日制、ただし教員のみ

 愛知県の教育委員会が、中学校は週2日、高校は週1日、部活休養日を義務づけるとしたのですが…

 なんと、これは「教員の負担を減らすため」なので、教員が交代で休みをとることにして、生徒の休養日は増やさない、んだそうです。なんじゃそりゃ。ネット上のコメントでも、「確かに生徒の将来を考えたらその方がいい」とか「部活至上主義に一石を投じる英断」とか賞賛されてるけど、それウソだからね。

 生徒もすっかりそういう指導者に洗脳されているから、部活動をやる時間をなるべく長くしたい、と自分たちで希望を出したりしちゃうんだよね。親は親で、部活動で活躍して推薦合格を勝ち取ろうとかセコいことを考えているから、部活動の時間を短くしたら抗議が来たりするし。

 日本人の時間当たりの生産性が低いのは、この辺りから始まっている話だと思います。部活動の時間を長くしたところで、その大部分の時間をくっちゃべって過ごしてたりするわけですよ。「部活動オフの日を作るから、活動日には集中してやりなさい」というのが本当の教育的指導というもんでしょ。「教員が交代で休みをとって、生徒の休養日は増やさない」なんて発想が出てくる人は、もうその時点で教育者・指導者として無能なんだと思う。

posted by toshinagata at 22:15| 日記

2017年03月26日

オーディオ専用パソコンのキット

 シリコンハウスのブログで紹介されていた商品。ラズパイを使った高品質オーディオのキット。

 Squeezebox Touch を導入して4年になる。最近使用頻度が少ないので、まだしばらくは現役でいけそうだけど、後継機は上のようなものになるんでしょうね。ラズパイすごいね。「一家に一台」になりそう。

posted by toshinagata at 22:19| 日記

2017年03月25日

ラズパイ用 3.5 インチ HDMI ディスプレイ

 ラズパイに接続する小型ディスプレイは、SPI 接続のものを前に買ってみたのだが、ベアメタルで使おうと思うとドライバを自力で書かないといけないので、少し面倒くさい。今回、「OSOYOO(オソヨー) HDMI 3.5インチLCDディスプレイ」というのを見つけたので、買ってみた。2980円。

20170325-1.jpg

基板面はこんな感じ。ラズパイの GPIO のピンヘッダに差し込むようになっている。1〜4ピンと、19〜26ピンを占有。1〜4ピンは電源、19〜26ピンは SPI だろう。後者はタッチパネル用かな。

20170325-2.jpg

 ラズパイの HDMI ポートとは、小さなドーター基板で橋かけするようになっている。これは、前に買った Elecrow の5インチ HDMI 液晶と同じタイプ。

20170325-6.jpg

 ケースに入れてみました。同じオソヨーの「Raspberry Pi 専用 LCD タッチ スクリーン 3.5インチ ディスプレイ + ケース」についていたもの。実は間違えて最初にこれ買っちゃったんですよね。商品が届いてから「あちゃーこれ SPI 版だった、違うじゃん」とがっかりした。でも、ケースはシンプルにしてなかなかオシャレです。HDMI 版にもこれつけて売って欲しい。

20170325-3.jpg

 ラズパイ model A+ なので、USB ポートが引っ込んでしまう。側板をつけなければ、なんとか使える。

20170325-4.jpg

 裏面はこんな感じ。四角い穴があいているのは、ラズパイ2・3のシステムメモリの放熱用。ちゃんと考えてある。ラズパイ model A+ では関係ないけど。

20170325-5.jpg

 config.txt で解像度を設定する。hdmi_group=2, hdmi_mode=87 として、hdmi_cvtframebuffer_width, framebuffer_height で縦横のピクセル数を指定すればよい。この液晶は 480x320 のようなので、次の設定だと1ピクセルがちょうど液晶の1ピクセルに対応する。

hdmi_group=2
hdmi_group=87
hdmi_cvt=480 320 60 6 0 0 0
framebuffer_width=480
framebuffer_height=320

 ただ、これだとちょっと表示が細かすぎて、読むのが辛い。老眼だからなんだけど。

20170325-7.jpg

 次の設定がちょうどいいと思う。解像度は上げてあるのだが、Daruma BASIC だと 640x480 以上の解像度なら 2x2 ピクセルで1ドットを表示するので、いい感じになる。

hdmi_group=2
hdmi_group=87
hdmi_cvt=720 480 60 6 0 0 0
framebuffer_width=720
framebuffer_height=480
20170325-7.jpg

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 22:59| 日記

2017年03月24日

「子供の科学」4月号

 「子供の科学」の定期購読を始めました。最新号は4月号。

20170324-1.jpg

 今月号から Raspberry Pi の連載が始まった。先月号には Raspberry Pi 財団のエベン・アプトン氏のインタビューが載っていた。もしかしたら坊が興味を持つかも、と思っていたら、しっかり食いついていた。特に、Scratch+マインクラフトというのに多大な興味があるらしい。今度の誕生日プレゼントはラズパイ3、になるかな?

 ネットワークにつないで運用すると、結局 YouTube 視聴に走ったりしてしまうので、基本オフラインで使うようにするのがいいのかな、と思う。オフラインで Raspberry Pi の面白さを引き出すところまで到達してくれるといいんだけど。そんなに高いハードルじゃないよね? 一時は Scratch にもずいぶんハマっていたんだから。

 坊は最近「ハルロック」を引っ張り出して読んでいたり、名古屋市科学館のイベントでトランジスタと LED を使った導通テスターの部品を入手してきたり、いろいろ「そちら方面」のスイッチが入っていたところだった。このタイミングで「子供の科学」でラズパイの連載が始まったのは、ラッキーなことだった。

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 01:19| 日記

2017年03月23日

昼間に新幹線車両を陸送!

 昼間に新幹線車両を陸送! すごい。

 特にすごいのは、鉄道ファンだけじゃなくて、地元の住民を巻き込んだ大イベントになったということ。

市によると、この日集まったのは3万人。市の人口の半分以上に相当する。観覧エリアには父親に肩車された小さな子供もいれば、杖を握ったおばあさんもいる。

 このイベントを見た人にとっては、一生の思い出になるでしょう。これをやろうと決断して、一年かけて実現にこぎつけた山口県下松(くだまつ)市長の国井さん、本当にいい仕事をしたと思う。

タグ:社会
posted by toshinagata at 01:01| 日記

2017年03月20日

「異性」(角田光代・穂村弘/河出文庫)

 少し前から、穂村弘さんのエッセイにハマっている。「絶叫委員会」とか「現実入門 ほんとにみんなこんなことを?」とか。

 本書は、書名にある通り「男と女」について、二人の文学者が往復書簡の形式で語り合う。恋愛論なども面白いのだが、何より秀逸なのは、やはり話題が「ことば」に関わるときだ。こんな場面がある。穂村さんと、女性歌人Sさん・女性編集者の3人のシーン。女性編集者が穿いていた変わった形のスカートに目をとめた穂村さんは、こんな会話を始める。

ほ「それは、えーと」
編「バルーンスカートです」
ほ「あ、バルーンスカート」
編「はい」
ほ「バルーンスカート」
編「……」

 そのとき、穂村さんはSさんに「強い口調で」とがめられる。「繰り返したね、二回目の『バルーンスカート』は何?」 穂村さんは「何かを見透かされたようで恥ずかしかった」と書く。何を見透かされたのかは本文に譲るけれども、このくだりを読んだとき、二人の歌人の「ことば」に対する感度の強さにうならされた。もちろん、この編集者さんが感じたように、軽い不快の念を持つ、というところまでなら、普通の人でも持ち得る感想だろう(それさえも感じない鈍感な人もたくさんいそうだけど)。でも、それを「二回目の『バルーンスカート』は何?」という形で言語化する(Sさんの)感性、そしてそれをこの場で取り上げて自分の中の「見透かされた何か」を言語化しようとする(穂村さんの)感性が、さすがは歌人だな、と思わせるものがあった。

 といいつつ、私は穂村さんの歌集をまだ読んだことがないのです。読まなくちゃな。

タグ:読書
posted by toshinagata at 21:23| 日記

2017年03月18日

Daruma BASIC で「さめがめ」

 Daruma BASIC 用の「さめがめ」を改訂しました。小さい画面にちゃんと収まるようになった。ベアメタル(Linux OS 無し)で動かしてみたのがこちら。

 プログラムはこちら。先日 IchigoJam の Facebook グループで、「さめがめ」風プログラムをほぼ一画面で書いている方がいらっしゃったから、もっとコンパクトに書けるはず。あんまり短く書くことを考えてなかったから、100行以上になってしまった。

'  SameGame for Daruma Basic
'  2016.2.13. Toshi Nagata
'  UTF-8 encoding

xx = screensize(0) / 16      '  盤面の幅
yy = screensize(1) / 16 - 2  '  盤面の高さ
n = 5     '  駒の種類
num = 0   '  残り駒の数
point = 0 '  ポイント
cx = 0    '  現在のカーソル位置 (x)
cy = 0    '  現在のカーソル位置 (y)

dim board(xx, yy)  '  盤面

proc disppiece(x, y)
  local c, col, bcol, s$
  c = board(x, y)
  if c = 1 then
    col = 1 : s$ = "ダイヤ"
  elseif c = 2 then
    col = 2 : s$ = "ハート(トランプ)"
  elseif c = 3 then
    col = 3 : s$ = "クラブ"
  elseif c = 4 then
    col = 4 : s$ = "スペード"
  elseif c = 5 then
    col = 5 : s$ = "*"
  else
    col = 7 : s$ = " "
  endif
  if x = cx and y = cy then
    bcol = 8
  else
    bcol = 0
  endif
  color col, bcol
  locate x * 2, y + 1
  print s$;
endproc

proc dispinfo()
  color 7, 0
  locate 0, 0 : print "【さめがめ】 ";
  print "残 "; num; " ";
  print "点 "; point; " ";
  clearline
endproc

proc display()
  local x, y
  for x = 0 to xx - 1
    for y = 0 to yy - 1
      call disppiece(x, y)
    next
  next
  call dispinfo()
endproc

func mark(x, y)
  local c, n
  c = board(x, y)
  board(x, y) = c + 100
  n = 1
  if x > 0 and board(x - 1, y) = c then n = n + mark(x - 1, y)
  if x < xx - 1 and board(x + 1, y) = c then n = n + mark(x + 1, y)
  if y > 0 and board(x, y - 1) = c then n = n + mark(x, y - 1)
  if y < yy - 1 and board(x, y + 1) = c then n = n + mark(x, y + 1)
  return n
endfunc

for x = 0 to xx - 1
  for y = 0 to yy - 1
    board(x, y) = int(rnd() * n) + 1
  next
next
num = xx * yy
cls
call display()
do
@redo
  locate cx * 2, cy + 1
  ch = inkey()
  if ch = 27 or ch = 113 or ch = 81 then break
  wx = cx
  wy = cy
  if ch = 28 then
    cx = mod(cx + 1, xx)
  elseif ch = 29 then
    cx = mod(cx - 1, xx)
  elseif ch = 30 then
    cy = mod(cy - 1, yy)
  elseif ch = 31 then
    cy = mod(cy + 1, yy)
  elseif ch = 13 then
    n = mark(cx, cy)
    if n = 1 then
      board(cx, cy) = board(cx, cy) - 100
    else
      for x = 0 to xx - 1
        for y = 0 to yy - 1
          if board(x, y) > 100 then call disppiece(x, y)
        next
      next
      for x = 0 to xx - 1
        y1 = yy - 1
        for y = yy - 1 to 0 step -1
          if board(x, y) < 100 then
            board(x, y1) = board(x, y)
            y1 = y1 - 1
          endif
        next
        do while y1 >= 0
          board(x, y1) = 0
          y1 = y1 - 1
        loop
      next
      x1 = 0
      for x = 0 to xx - 1
        if board(x, yy - 1) = 0 then @next
        if x <> x1 then
          for y = 0 to yy - 1
            board(x1, y) = board(x, y)
          next
        endif
        x1 = x1 + 1
        @next
      next
      for x1 = x1 to xx - 1
        for y = 0 to yy - 1
          board(x1, y) = 0
        next
      next
      point = point + (n - 2) * (n - 2)
      num = num - n
      call display()
    endif
    goto @redo
  endif
  if wx <> cx or wy <> cy then
    call disppiece(wx, wy)
    call disppiece(cx, cy)
  endif
loop
locate 0, yy + 1
color 7, 0
posted by toshinagata at 17:33| 日記

2017年03月16日

鳩サブレー

 横浜に日帰り出張。お土産は当然のごとくこれ。

20170316-1.jpg

 10枚入りの袋。黄色い箱入りのだと、同じ値段で9枚入りになる。箱は可愛いけど、まあ自宅用だからこれでいいかな。缶だったら欲しいが、この大きさの缶はないんだよね。

 最近東京出張が2回あった。八重洲の大丸に行けば鳩サブレーが手に入るのは知ってたんだけど、横浜出張があることがわかっていたので、自重していた。しばらく東京方面に来ないんだったら、東京みやげで鳩サブレーも有りだとは思うんだけどね。

 鳩サブレーの豊島屋は、数年前に鎌倉の海水浴場のネーミングライツを買って、「従来通りの名前にする」と発表して話題になったよね。あれはカッコよかった。宣伝効果あったと思うよ。「鳩サブレー海水浴場」なんて言われたら興ざめもいいところだもんな。地元の人はもちろんだけど、全国的にも好感度上がったと思う。

 ちなみに、東京みやげで「ひよ子」はあり得ない。誰が何と言っても認めない。あれは福岡のお菓子だ。東京みやげとして買ってくる奴がいたら小一時間説教してやる。(今どきそんな人いないか。でも、相変わらず東京駅では、まるで東京みやげみたいな顔して売られてますよね。)

posted by toshinagata at 22:32| 日記

2017年03月15日

さくらのブログと OGP 画像

 このブログの記事を Facebook でシェアすると、「さくらのブログ」というデフォルトの図がサムネイルで表示されていた。これがどうも不満なので、記事内に使用した図を表示できるようにならないのか、といろいろ試行錯誤した。どうやらできるようになったみたい。

 さくらのブログの「設定」→「外部連携」の「OGP の画像を設定」で画像を選択する(@)。これだけだと、常にこの画像が使われることになるが、画像を選択すると「記事内に投稿した画像があればそれを使用する」というチェックボックスが現れる(A)ので、これを ON にする。ちょっとわかりにくい仕様だね。なお、画像は、sblo_files/d-alchemy/image/ 以下に置く必要があるらしい。

20170315-2.jpg

 図が出るようになりました。ブログ記事を facebook に投稿して、それをさらにブログに貼付けるって、自作自演もええとこやな。

 2017/03/16 追記。ブログ投稿ページの「ファイルのアップロード」機能でアップロードしたファイルでないと認識されないみたい。めんどくさいなあ。

タグ:ブログ
posted by toshinagata at 21:01| 日記