2017年05月24日

三浦九段と将棋連盟が和解

 三浦九段と将棋連盟が和解合意とのこと。

 三浦さん、やっぱり「いい人」になっちゃった。これからも棋士として生きて行くなら、こうするしかなかったとも言える。

 ゲームとしての将棋にはまだ興味はあるけど、将棋棋士への興味はすっかり薄れてしまった。プロの将棋にドラマを感じるのは、その登場人物に人間としての魅力を感じるからじゃないですか。今回の騒動に登場した人物たちは、三浦さん以外は、セコくて、小さくて、とても見られたものじゃなかった。長年定期購読していた「将棋世界」も、購読をやめました。渡辺・千田のタイトル戦の記事なんて、どんな気持ちで読めと言うのか。

タグ:将棋
posted by toshinagata at 23:35| 日記

2017年05月22日

Garritan Concert and Marching Band

 吹奏楽専用の音源、Garritan Concert and Marching Band 2 を買いました。

20170522-1.jpg

 きっかけは何だったかというと、面識のない外国人(たぶんアメリカ人)からメールが来て、「'Ecliptic' の Lilypond ファイルをもらえないか?」と言われたこと。「いいけど何に使うの?」と聞き返すと、それっきり返事が来なかった。演奏するつもりだったのなら、IMSLP に公開しているフルスコア+パート譜の pdf で十分なはずだから、たぶん MIDI のベタ打ちデータを作りたかったのではないか、と推測。

 で、考えてみると、こういうことをやる人って、たぶんベタ打ちでほとんど編集もしてないようなデータで音を鳴らして、YouTube とかに平気で公開しちゃうんだろうなあ、と思い至った。それはさすがにいかがなものか。この世に存在するこの曲の唯一の演奏がベタ打ち MIDI では、いくらなんでも悲しすぎる。ということで、自分で MIDI 演奏を公開しようと決心したわけなのです。

 Lilypond でベタ打ちデータを作成して、Alchemusica で編集。弦バスが入ってなかったので、Sonatina Symphonic Orchestra から拝借した。sfz フォーマットのサンプルは、テキストエディタで設定が編集できる。

 まだ導入部分だけだけど、こんな感じになりました。まあまあ、吹奏楽っぽい音になってるんじゃないでしょうか。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 22:41| 日記

2017年05月15日

「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦/角川文庫)

 アニメ映画の予告編を見たとき、阿闍梨餅の本店(正確には「満月」の本店、ですかね)がちらっと映ったんですよ。ああ懐かしい、と思って、思わず本書を手に取ってしまいました。阿闍梨餅は出てこなかったけど。

 いやあ、「黒髪の乙女」はソフトな語り口に似合わず、豪傑ですねえ。李白さんとの飲み比べといい、緋鯉を背負って大学中を走り回る学園祭のシーンといい。それに比べて「先輩」の堂々たるアカンタレっぷりはどうだ。この組み合わせでハッピーエンドを目指すとは御都合主義すぎるだろ、と突っ込まれる前に、「第三章 御都合主義者かく語りき」と予防線を張ってるんだから世話はない。

 アニメ映画ってどうなんだろう、と思っていたけど、読了してみると、これは実写では無理、アニメならいけるかも知れない、と感じた。ちょっと見てみたい気もする。ちなみに、今気がついたんだけど、文庫本のカバーが二重になっていた。上からアニメ映画宣伝用のカバーをかぶせたらしい。

20170514-1.jpg

 文庫本の解説は羽海野チカさん。解説というか、見開き2ページの絵1枚だけど。乙女のイメージが違いすぎてつらい…

タグ:読書
posted by toshinagata at 00:13| 日記

2017年05月11日

パソコンミニ!

 ラズパイ model A+ を載せたミニチュアサイズのパソコン! でもって、SmileBASIC 内蔵! こんなん、買うしかないでしょ。

 ラズパイ用の SmileBASIC 出してくれんかな〜と思ってたんですよ。Daruma BASIC をぼちぼち開発してたのも、結局そういうのが欲しかったわけだからね。ところで、SmileBASIC、OS 無しで起動だよね? Raspbian の上で X で動くとかないよね?

posted by toshinagata at 19:42| 日記

2017年05月07日

MachiKania 改良

 PIC32MX を使った BASIC コンピュータ MachiKania。使ってみたとき、キーボード入力時の画面のちらつきがあまりにも激しくて、「これはちょっと自分には無理かな」と思ってしまったのだが、大幅に改良されたようです。

 DMA グッジョブ。うまく活用すると効果的だと思うんだけど、けっこう難しいんですよねえ。ラズパイでも DMA を活用したいのだけど、なかなかうまくいかない。ま、仕事でもないので、ぼちぼちやります。

posted by toshinagata at 22:55| 日記

2017年05月04日

シマトネリコの剪定

 庭のシマトネリコがどんどん大きくなる。庭が広ければ大樹の陰もいいものだが(たぶん)、狭い庭に大きな木があっても暗くなるだけで、手入れも大変だし、あまりいいことはない。今年は思い切って強剪定してみました。

20170504-1.jpg

 上の方でヒゲのように枝が出ているが、そこより下の太い枝からわき芽が出て来たら、上を切ろうと思っている。大丈夫か、と思うぐらい切っちゃったけど、小さな芽はたくさん出ているし、シマトネリコの若枝は5〜6月にものすごく伸びるので、たぶん大丈夫。(シダレウメを一度枯らしているのであまり説得力がないけど…)

 ちなみに、剪定前はこんな感じだった。形はきれいだったんだけど、いかんせん大きすぎた。

20170504-2.jpg

 なお、ナツミカンの方は、今はこんな感じです。こちらもだいぶ背を低くした。今年はものすごく豊作でした。数えてないけど、50個以上とれたと思う。今回は花芽も含めてかなり切ってしまったので、来年は今年ほどはとれないと思う。まあ、50個もとれても食べきれないので、少なめでもいいかな。

20170504-3.jpg

 ナツミカンは植えてよかった。春は緑の芽が一斉に出るし、白い花もきれい。秋頃から実が色づき始めて、冬の庭をずっと彩ってくれる。食べてもおいしい。丈夫なので手間もかからない。(最初の頃は弱々しくて、どうなるかと思ったけどね。)

タグ:園芸
posted by toshinagata at 19:25| 日記