2018年01月04日

宇都宮ライトレール構想

 「宇都宮LRTの目玉は何か、不安は何か 」(土肥義則、ITmedia ビジネスオンライン、2018/01/03)。LRT(ライトレールトランジット)とは、次世代の軌道系交通システムのこと。要は路面電車だが、低床化車両を導入してバリアフリーに対応したものを特にこう呼ぶようだ。日本で最も有名なのは富山ライトレール。また、広島電鉄も、車両の低床化を進めていることで、LRT の導入事例として紹介されている(出典:日本交通計画協会:LRT)。

 宇都宮の事例で特徴的なのは、従来路面電車がなかった道路に LRT を敷設しようとしている点。住んでいる人は「電車が身近にある」イメージを持っていないだろうから、心理的なハードルは相当高いだろうな。宇都宮市が公開している LRT の紹介ページを見ても、市への公開質問状が何度も提出されている。

 以前にも書いたことがあるけど、「路面電車のある街」というのは、市民が「自家用車を使わない不便」を受け入れた上で成り立つものだと思うんですよ。現状の交通量、街の構造、市民の気質、そういったものが全部整わないと実現は難しい。また、国土交通省のページを見ても、上記宇都宮市のページを見ても、LRT の導入は「コンパクトシティ構想」とセットになっているようだけど、コンパクトシティ構想そのものが無理筋だったという考え方もある(「コンパクトシティはなぜ失敗するのか 富山・青森から見る居住の自由」庄司里紗、Yahoo! ニュース 2016/11/08 配信)。また、自動運転が普及すれば、路面電車を含む公共交通機関の整備は意義を失うという見方もある(「路面電車を残した地方都市の共通点」中井彰人、ITmedia ビジネスオンライン 2017/09/20)。宇都宮の事例がどうなっていくのか、興味を持って見守っていきたい。

タグ:社会
posted by toshinagata at 20:11| 日記

2018年01月03日

「Diary of a Wimpy Kid」(Jeff Kinney, Amulet Books)

 英語教材としては、断じてお勧めできない。文章は下品だし、描写されているいたずらの内容は度を越している。学校の教師や教育委員が読めば、間違いなく「問題図書」に分類することだろう。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 …つまり、メチャクチャ面白い。最初に繰り出されるグチは、この年代の子供(※アメリカの middle school は小5〜中2に相当する)でこういう「日記」(「自伝」か?)を書きそうなヤツがいかにも考えていそうな内容だし、その次にいきなり語られるお兄ちゃんの Rodrick によるイタズラも笑える。女子がときどき登場するが、相当な悪意を持って描かれている。この年代の男子から見たら、そりゃあ同学年の女子はこう見えますよ。何考えてるかよくわからないし、妙に結託していて上から目線だし。

 英文は案外難しい。原文はネイティブの子供向きだとしても、構文的には(日本の)中学英文法の範囲を越えているところがある。それ以上に、口語的な表現がとても厄介。もっとも、読み進めていくと、何となく勢いで読めるようにはなってくるけど。

 最後の方、あまり笑えない展開になってきて、どうなるんだろうと思いながら読んでいったが、何とか無難(?)に着地できてよかった。

タグ:読書
posted by toshinagata at 01:23| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ