2018年03月08日

リモコンプラレールの検討

 先日のリモコンプラレールの件。「名張市つつじが丘おもちゃ病院」さんの記事をまず読んで、いろいろ考えてみる。

  • PIC は使い慣れてないので、AVR に置き換える。秋月で入手できる8ピン AVR は ATtiny13 か ATtiny85。以前作った1号機では ATtiny13 でも十分余裕はあった。
  • プラレールに搭載するとなると、電源が問題になる。できればエネループ1本で済ませたい。となると、1.2V から 3.3V に昇圧する回路が必要。
  • 少し前には、秋月で 250 円の昇圧モジュールが売られていたらしい(AE-XCL101C331BR-G)。今は廃番。なんでやねん…代わりに、500 円の昇圧モジュールを使うことにするか(M-08937)。
  • トランジスタ4個でHブリッジを作るのは学習用にはたいへん良いのだが、効率の点ではどうか?
  • 面白そうなモータドライバを発見した。Pololu DRV8838ブラシモータドライバボード。そんなに高価でもないし、一度実験してみたい。

 他にもいろいろあるけど、ひとまずはこんなところかな。あと、送信機も作らないといけない。家電のリモコンを流用すればいいのだけど、解析が結構面倒だ。送信機も自作してしまえば、家電の通信プロトコルを実装しなくてもいいので、ファームウェアも簡単になる。工作の順序としては、送信機の製作→受信の実験→モータドライバの実験→実装、となるかな。

タグ:工作
posted by toshinagata at 01:17| 日記

2018年03月04日

リモコンプラレール再び

 坊の電子工作はしばらく一休みだったのだが、最近になって、鉄道好きの同級生と一緒に「鉄道模型のリモコン化」を画策しているらしい。「(同級生が)YouTube でプラレールをリモコンで動かす動画を見て、ああいうのをやりたいって言うんだよね」とのこと。それ、前にやったよ君らに見せたのに完全スルーされたけどな。まあ当時は坊は小学校にも行ってなかったから、無理もない話ではある。

 当時作ったものを見たい、と坊が言うので、探し出してきたが、IR受光素子が外れていたり、基板結合用のピンヘッダが折れていたり、ちょっと修復不可能な壊れ方をしていた。これは作り直さないといかんね。

 改めて調べてみると、いくつか作例が見つかった。中でも良さそうだったのが、「名張市つつじが丘おもちゃ病院:100均プラレールの赤外線リモコン化の製作」。子供向けのマイコン工作教室の教材として開発されたらしい。しかも、有難いことに、回路図・配線図・部品表などがすべて公開されている。マイコンが8ピンの PIC なので、そこは AVR に変えたいけど、その他はそのまま流用できるだろう。

 坊はさっそく物置からプラレールの車両を引っ張り出してきて、検討を始めた。こちらも、上の公開資料を参考にさせてもらって、坊たちが実現できそうな原案を作成してやろう。

タグ:工作
posted by toshinagata at 23:11| 日記

2018年03月03日

A級順位戦最終局:三浦勝ち、渡辺陥落

 ニコニコ動画で見ていたら、プレミアム会員の方々に追い出されてしまいました(苦笑)。仕方がないので、5ちゃんねるをリロードしながら経過をチェック。盤面がないから何にもわからない。ときどきウソを投下する人がいるし。

 三浦さんにはなんとしても勝って欲しかった。三浦さん本人としては、相手が渡辺棋王と言っても、別に「因縁の対決」などとは思ってないだろう。単にまわりが煽っているだけ。でも、観客の一人として、やっぱり勝って欲しかった。勝ってもらって、こちらが溜飲を下げたかった。真剣に将棋と向き合っている棋士のみなさんには申し訳ないんだけど、観客ってそういう身勝手な存在なんだ。

 そして三浦さんは勝った。おまけに、深浦さんが久保王将に勝って、渡辺棋王はB1へ陥落。かつ、名人挑戦は前代未聞の6人によるプレーオフ。誰かが台本を書いたとしても「そりゃ無理でしょ」とボツになるぐらいの劇的結末になった。なんかこの1年間、将棋界は「いくらなんでも無理があるでしょ」というネタが多かったね。

 深浦さんも好きな棋士の一人です。お付き合いしていた女性との結婚を認めてもらうために、相手のご両親をタイトル戦に招待した話は特に好き。そういえば、先日羽生竜王の就任式で「聖の青春」で羽生役を演じた東出さんが素晴らしいスピーチをしたけど、その中で深浦さんに言及されていました。東出さんも深浦さんのファンなんだろうな。

タグ:将棋
posted by toshinagata at 01:50| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ