2019年11月24日

「あとは切手を、一枚貼るだけ」(小川洋子・堀江敏幸著、中央公論新社)

 往復書簡の形をとった、リレー小説。

20191124-1.jpg

 それにしても、往復書簡なのに、小川さんの初手がこれですよ。

昨日、大きな決断を一つしました。まぶたをずっと、閉じたままでいることに決めたのです。

「一通め」(7ページ)

 どうすんだよ。返事が来ても読めないじゃないか。堀江さんはどう返すんだろう。…なるほど、そう来ましたか。それでも写真をとったりするんですね、そういえば、「目が見えなくても富士山を撮る」というような本があったな、と思いながら読み進めていくと、また小川さんがジャブを打ってくる。

この手紙は、あなたにお別れを言うために書いています。……

「三通め」(45ページ)

 この一文は、すぐ後で「アンネの日記」からの引用であることが明かされるのだけど、どきっとするよね。この一撃のあと、小川さんはまるで逃亡した容疑者の遺留品みたいに、いくつもの手がかりを撒いていく。タイプライター、鉛筆、湖、野球。

 このままだと堀江さんは防戦一方になるぞ、と思っていると、意外な方面から変化球が飛んでくる。

国際宇宙ステーションに滞在中のロシア人宇宙飛行士、ゲナディ・パダルカの、五度にわたるミッションを合計した宇宙滞在記録が八百七十九日に達し、これまで不動の一位を占めていたセルゲイ・クリカレフの八百三日を大幅に更新したという記事を見つけました。

「四通め」(69ページ)

 この変化球をとらえた小川さんの打球は、「K町にある宇宙素粒子観測施設で」二人が初めて言葉を交わした、という事実を私たちに教えてくれる。このあと、「水」は往復書簡の共通のキーワードとして、最後まで響き続ける。

 最後の二通で、哀しい秘密が明かされる。そして、いくつかの矛盾は最後まで解消されない。大きな疑問符のような余韻を残して、往復書簡は閉じられます。船舶気象情報の決まり文句が、美しいリフレインのように、いつまでも耳に残ります。

各局、各局、こちらは昼蛍村。おわり。さようなら。

「十四通め」(289ページ)

 船舶気象通報というのは聞いたことがないんだけど、かつてNHKラジオ第2放送で流れていた気象通報は、独特の味わいがありましたね。調べてみると、船舶気象通報は2016年に廃止、気象通報は同年に自動音声に変更されたそうです。

タグ:読書
posted by toshinagata at 20:06| 日記

2019年11月10日

ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」動画の編集

 ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」を Sound Canvas VA で全曲やってみました。昔 Nifty-serve の FMIDICLA で発表した MIDI データですが、今回全面的にテンポを見直しました。動画では、テンポを表示しながら演奏しています。

 動画の編集も少しだけ頑張ってみました。映像ソースは Alchemusica の演奏を QuickTime Player の「新規画面収録」で録画。音声ソースは Alchemusica のオーディオ録音で保存したものを Audacity でレベル調整。QuickTime Player の録画の時も、SoundFlower を通して音声を録音してあります。

 映像の方を iMovie で開き、タイトル画面と、「Valse 1: Modéré」などというテロップを入れる。

20191110-1.png

 映像側はこれでよいとして、別録りした音声データと組み合わせてみた。iMovie 上で、オーディオの開始位置をなるべく合わせる。目分量ではあるけど、0.1 秒もずれてないはず。

20191110-2.png

 元の動画のオーディオをミュートして、mp4 で書き出してみた。すると、最後の方で音ズレを起こしているのです。Valse 8 の冒頭を切り出してみました。ピアノロールと音声がずれているのがおわかりでしょうか。映像と音声が別々に進行しているので、時間のわずかな誤差が積み重なって、曲の最後の方では1秒近くずれてしまっている。

 ここはちょっとトリッキーな処理が必要。まず、動画の先頭から「○分○秒」の位置を正確に知るため、今作った mp4 ファイルを VLC で開く。「再生→指定時間へジャンプ」を使って、動画の最初の方、たとえば 00:05 にジャンプする。

20191110-3.png

 画面の左上に「その時点での MIDI データ上の位置」が表示されている。このデータを Alchemusica で開いて、「MIDIデータ上の位置」を「先頭からの時間(秒)」に直す。この場合だと、「MIDIデータ上の位置」が 1:3:0 なので、イベントリストウィンドウを開いて 1:3:0 の位置にダミーイベント (@text とか) を挿入して、表示を "time in seconds" に変えればよい。あ、ちょうど 1.000 秒だ。そりゃそうだな、最初の2小節は tempo=120 で初期化データを送っているから、2拍はちょうど1秒になる。

20191110-4.png

 同じように、VLC で動画の最後の方、15:56 にジャンプする。MIDI データの位置は 598:3:403 となった。

20191110-5.png

 Alchemusica 上でもう一度ダミーイベントを入れて、秒数に変換。951.100 秒で、妙にキリのいい数字だな、と思ったが、Alchemusica では画面書き換えを 100 ミリ秒ごとに行っているためだった。

20191110-6.png

 映像のタイムスケールを変更して音声に合わせ、音声は開始位置を合わせる。ややこしいので、下の図をみてください。ffmpeg を使って、タイムスケールは itsscale、開始位置は itsoffset オプションで指定する。-map 0:v -map 1:a は、最初(0番目)の入力から映像 (v) を取り出し、次(1番目)の入力から音声 (a) を取り出すオプション。

20191110-7.png

 うまくできました!

 本当は、タイトルやテロップを入れたり、最後をフェードアウトするのとかも、ffmpeg でやりたいところ。今後の課題だな。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 22:50| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ