2015年08月31日

ATmega1284 を使った BASIC マイコン

 「Single Chip AVR BASIC Computer V0.3」。ATmega1284P マイクロコントローラを使って、BASIC を実装。ビデオ出力と PS/2 入力に対応。IchigoJam とほぼ同じコンセプトだな。このプロジェクトの初期バージョンは 2014/5/28 に公開されているので、IchigoJam (2014/4/1 に公開) より少し後だが、IchigoJam を参考にした形跡がないので、おそらく独立して進められていたのだろう。

 仕様上 IchigoJam と異なる点は、プログラムサイズが 7 KB 以上あること。IchigoJam は 1 KB。この違いは大きい。この差は結局、ATmega1284P と LPC1114(IchigoJam の MPU)の SRAM サイズの違いによる。一方、LPC1114 は1個 140 円(秋月)で買えるが、ATmega1284P は1個 840 円、しかも現在品切れ中。この違いも大きい。

 と、ここまで書いたところで、じゃあ PIC32 でいいんじゃないの、という心の声が聞こえてきた。PIC32MX250F128B-I/SP が秋月で 420 円だもんなあ。うーん PIC に浮気するか? PIC は開発環境が有償なのがちょっとねえ… 「PIC32MX: 制限無しの MPIDE 付属の無料 GCC コンパイラ」という記事を見つけたけど、自分の力ではまだ理解できない。Pinguino というのもあるみたい。とりあえず、覚え書きということで。

タグ:マイコン
posted by toshinagata at 01:00| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ