2015年09月12日

Nexus5 の電池交換

 DAVdroid をインストールするついでに、Nexus5 の OS を 5.1.1 にアップデートした。

 アップデートと同時に、ワイヤレス充電ができなくなってしまった。最初は「OS の不具合??」と思ったのだが、こんな重大な不具合が放置されているはずがない。ネットで検索すると、同じような症状が「電池を交換したら治った」という報告があった。確かに、アップデート中に電池を激しく消耗したせいか、電池が明らかに膨れていて、タッチパネルとケースの隙間からバックライトの光が漏れる状態にまでなっていた。急いで、交換用の電池を Amazon で手配。この記事を参考に作業を進めた。Y字型の精密ドライバーは、以前に 購入してあった(ちなみに、MacBook のトラックパッドは、その後不具合を起こしていない)。オープナーは、Amazon では電池と一緒にプラスチック製のものをオススメされるのだが、今回はステンレスのヘラセットを購入した。

 交換は簡単だった。交換直後はワイヤレス充電がやはりできなかったが、これは裏蓋と本体基板の間の接触が悪かったためで、もう一度開けて端子を少しだけ起こし、組み立て直すと復活した。古い電池はこんなに膨れていました。これはだめだよな。こんな状態で使ってちゃ危ないよ。

 Nexus5 を購入したのが去年の2月、使い始めたのが3月。だいたい1年半で電池交換が必要になるみたい。

タグ:スマホ
posted by toshinagata at 10:06| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ