2016年05月10日

ヒカシュー・巻上公一さんと HyperCard

 ある音楽ユニットの「ヒカシュー」という曲名に対して本家のヒカシューが抗議した、というようなニュースが流れて来て、ヒカシューってあのヒカシューか?まだ活動してたんだ!と大変に失礼な感想を抱きながら公式サイトを見てみたら、ちゃんと活動してらっしゃるではないですか。そういえば、少し前に「巻上公一 ほんとに還暦なのか?」とかいうライブの告知を見たような気がするな。

 この手の音楽ジャンルに全く疎い僕が巻上公一さんの名前を知っているのは、MacLife 誌の音楽特集号でインタビューを受けていたからだった。Vision と M を独創的に使って音楽制作をする話だったような。「国際バカスタック協会」で HyperCard スタックを作っていることもその時に紹介されていたような気がする。同じ頃、大学の部活動の先輩が細馬宏通さんと知り合いで、そっち方面からもバカスタックの話を聞いたりしていた。しかし、結局バカスタックの現物にほとんど触れる機会がないまま、いつのまにか HyperCard 自体が消え失せてしまった。

 それにつけても、HyperCard はよくできたシステムだったなあ。今復活させても、当時のような盛り上がりは望めないだろうけどな。あれは Mac に標準装備されていたのが大きかった。今のコンピュータって、ちょっと「遊ぶ」感じじゃないんだよね。セキュリティ上問題があるから余計なソフトはインストールするな、とか言われるしね。

タグ:音楽 Mac
posted by toshinagata at 22:01| 日記