2016年06月12日

ドラゴンズ田島・ホークス千賀

 プロ野球交流戦が2/3終わりました。相変わらずホークスが鬼神のように強い。ソフトバンクがお金をかけているのは確かだけど、お金のかけどころが他とは少し違うように感じる。いい人材を育てる、というところに投資しているように見える。といいつつ、ものすごいムダ金を松坂に払ったりもしているけど、あんまり目立たないな(苦笑)

 ところで、今年の春に帰省した時、野球好きの両親が「最近の選手はあんまりよくわからん」と言っていたので、ドラゴンズの田島とホークスの千賀を推薦しておいた。二人とも大活躍していて嬉しい限りであります。田島の活躍は実はちょっと予想外で、開幕無失点の日本記録を更新するなんて思ってもみなかった。ちょっと最近お疲れですね。又吉と福谷がぴりっとせんから、負担がかかりすぎているよな。

 千賀の活躍にはあまり驚いていない。打線に助けられている面も大いにあるけど、野手の援護があるというのは信頼が厚いということでもある。育成ドラフト出身というのがすごい。現時点でのパ・リーグの投手成績で、日本人上位10人を見ると、千賀以外はすべてドラフト1・2位出身。育成ドラフト4位の千賀は異彩を放っている。愛知県立蒲郡高校出身の千賀をなぜドラゴンズがとらなかったのか、と名古屋のドラファンのおっさんたちは言ってそうだけど、仮に千賀がドラゴンズに入団していたとしても、ここまで育ってなかったんじゃないですかね。

タグ:野球
posted by toshinagata at 23:22| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ