2016年08月28日

「ひまわりの海」(舘野泉、求龍堂)

 家族で丸善名古屋店にお出かけ。やっぱり書店は楽しいね。

 今回は芸術書のコーナーに行って、これを購入。

 表紙のひまわりは、南仏の作曲家セヴラックの故郷、サン・フェリックス・ロウラゲという村の風景だそうだ。セヴラックという作曲家は全く知らなかった。IMSLP にあるので、あとで見てみよう。

 まだ「演奏旅行」の途中までしか読んでない。1つ1つのエピソードに情感が込められていて、読み進めるのが惜しい気分になる。ゆっくり時間をかけて読みたい本である。

posted by toshinagata at 20:08| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ