2017年06月29日

小山実稚恵さんと宗次ホール

 NHK の「おはよう日本」に小山実稚恵さんが出演して、「小山実稚恵の世界」シリーズについて語っておられた。この企画のことは知らなかったんだけど、年2回のペースで、12年かけて、全100曲以上を演奏するという意欲的なもの。この秋の第24回で完結だそうな。いろいろなジャンルで、新しい曲に挑戦するって、大変なことだろうと思うんですよね。

 そのすぐ後に、中日新聞で「名古屋国際音楽祭ガラ・コンサート」に出演されるとの記事があって、こちらはショパンのピアノ協奏曲第1番。そうかあ、やっぱり名古屋だもんな、このレベルの選曲になっちゃうよね、と少々寂しい気持ちになった。でも、小山さんのオフィシャルサイトをよく見てみると、「小山実稚恵の世界」には地方公演があって、第4回からはずっと名古屋の宗次ホールで同じ曲目を弾かれているんだ。宗次ホールすごいなあ。「日本一公演数の多いホール」と言われているらしい。名古屋の音楽文化への宗次さん(CoCo壱番屋創業者)の貢献度はとてつもなく大きいな。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 22:28| 日記