2018年01月20日

ジャズピアニストとクラシックピアニスト

 「同じ『ピアニスト』でもジャズとクラシックでは脳の使い方が違うことが判明」(Gigazine)。ああ、そりゃそうだろうなあ。クラシックピアノのトレーニングを受けていても、ジャズピアノって弾けるようにはならないんですよね。

 逆はどうなんだろう。ジャズの人で、ある程度その道を極めた後に、クラシックの勉強を始める人がいるじゃないですか。「脳の使い方」はともかくとして、音楽の捉え方が変わって、ジャズの演奏にもいい影響を及ぼしたりするんだろうか。中途半端な音楽になってしまったりしないんだろうか。

 ジャズの人が学ぼうとする音楽は、たいていバッハかモーツアルト。近現代の音楽に興味を持つ人もいるようです。いわゆるロマン派の音楽(たぶんベートーヴェンも含む)はあまり関心を持たれないようです。これも何か意味があるんだろうか。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 10:41| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ