2018年05月14日

日大アメフトのラフプレー

 日大・関学のアメフト定期戦で、日大選手が危険なタックルをした件。関東の大学で、日大との試合をキャンセルするところが続出しているそうです。そりゃそうだよね。リーグ戦も全試合ボイコットでもいいぐらいじゃないですか。アメフトってそもそも危険なスポーツなんだから、プレイヤーたちが協力して危険を回避することを前提としないと試合が成立しない。あのプレイが問題になった時点で、日大フェニックスは即座に全面的な謝罪の声明を出すべきだった。

 もっとも、正直に言うと、あんまり驚いてはいません。ああ、日大フェニックスってそういう価値観のチームなのね(やっぱり)、という感想です。処分するとか、監督の責任はどうなってるのかとか、いろいろ言われてますけど、本人を退部させたり、監督やコーチに謹慎を命じたりしても、あんまり効果はないだろうと思います。「QBをつぶす時はもうちょっとバレないようにやれ」って指示する、ぐらいが関の山でしょう。悪いことをしたなんて、1ミリも思ってないんじゃないですか。選手も指導者も。

 こういう人たちを「のさばらせない」ようにするには、まともな企業が日大フェニックス出身者の採用を見送るとか、才能を持った高校生をこのチームに推薦しないとか、そういう流れになってこないといけないだろうな、と思います。要するに、「汚い手を使ってでも勝てばOK」という価値観がチームとして蔓延しているわけでしょう。教育機関として信用できないよね(日本大学って教育機関だよな?)。

 まあでも、現実にはなかなかそういう話にはならないんでしょう。しばらく時間がたったら、何事もなかったかのように「アメフトの名門」みたいな大きな顔をし続けるんだろうな。アメフトの関東リーグに所属している人たちには、ご愁傷様です、というほかない。

タグ:社会
posted by toshinagata at 21:42| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ