2018年06月04日

木たち・花たち

 このエントリ久しぶりだな。

シマトネリコ。上の方がだいぶ混み合ってきた。太い枝をばっさり切った切り口からも新しい芽が出てきている。さすがに強い。


ウメ。元気に枝を伸ばしている。ウメの本を読んで、「芽かき」をすればよい、というのを初めて知ったので、実行している。そうしないと、枝が際限なく伸びていってしまうのね。


ナツミカン。こちらも上の方にたくさん新しい葉がついている。


ユリ。今年はオレンジと黄色が多い。白+ピンクの花は早々に終わってしまった。


今年は「ゆうびポーチュラカ」が手に入らなかった。「京ちゅらか」とか「サンちゅらか」は見かけるんだけど、出来が悪かったんでしょうか? 代わりにバーベナを植えた。赤と白。


シソ(奥)とキンジソウ(手前)。今年はこの子たちが大ピンチ。芽が出たとたんに虫にやられて、全然大きくならない。シソはともかく、キンジソウはなかなか売ってないので、何としても復活させたい。


マリーゴールドとハツユキカズラ。マリーゴールドは、近所の小学生が譲ってくれたタネをまいたのに、芽が出てくれなかった。仕方がないので、苗を買ってきた。


インパチェンス。この花壇には、これまで夏はペンタスを植えていた。実は半日陰なので、インパチェンスの方が合ってるように思うのだが、どうなることか。


タグ:園芸
posted by toshinagata at 20:03| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ