2018年11月15日

ホークス甲斐拓也すげー

 さんざん話題になってて今さらだけど、ホークスの甲斐拓也捕手、すごいですね。

 あの二塁からの悪送球で、捕手がカバーしてるもんですかね? いや、それが野球のセオリーだというのは知ってますよ。でも、プロ野球の試合を見ていて、ああいう悪送球を捕手がカバーして二塁で走者をアウトにするシーンをあまり見た記憶がない。走者から見たら「ええっ、なんで?」と思うんじゃないか。甲斐捕手が勤勉にプレイしていることがよくわかる。

 それと、とにかくボールを捕ってから投げるまでがとてつもなく速い。盗塁を刺すときもそうだけど、バントやキャッチャーゴロの処理も速い。そして送球のコントロールがいい。見ていて爽快感がある。捕手として守備だけで客を呼べる選手はなかなかいないだろう。

 この選手が「育成ドラフト6位」ですからね。ホークスのスカウトの目利きぶりは大したものだ。同期の千賀投手とともに、究極の「下剋上」でしょう。今年の日本シリーズで甲斐捕手がMVPをとったとき、王貞治さんが「他の選手の励みになる」とコメントされていた。これは本当に王さんらしい、下積みで頑張っている人への優しさにあふれた言葉だと思う。

posted by toshinagata at 00:52| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ