2019年04月13日

ドラゴンズ3年ぶり貯金

 京田・堂上の満塁本塁打でタイガースに大勝、3年ぶりに貯金だって。

 京田と堂上が同時に出てるってどういうこと?と思ったが、遊撃と二塁なんですね。確か開幕戦は堂上が遊撃で京田はベンチだったよな。調べてみると、固定されているのは一塁のビシエドと三塁の高橋周平だけで、二塁・遊撃は京田・堂上・阿部(・三ツ俣)、外野手は平田・大島・アルモンテ・福田、捕手は加藤・大野をそれぞれ併用している。ドラゴンズは今年から与田監督が指揮を執っている。新しい監督は新戦力を試したがる、というけど、この中で新顔と言えそうなのは加藤匠馬ぐらいだから、結局は昨年までのメンバーがイマイチ伸び悩んでいたということなんだろうな。

 堂上直倫、30歳。愛工大名電〜ドラゴンズ1位指名、父も兄もドラゴンズの選手。やりにくくてしょうがなかっただろう。一昨年から京田の控えに回され、このまま沈んでいくのかと思ったら、今年の開幕はその京田を控えに追いやってスタメン出場。今日の試合など、一番遊撃京田、五番(!)二塁堂上、と、すっかり「両雄並び立つ」趣きとなっている。堂上が活躍したら、古参のドラゴンズファンは嬉しいと思うよ。

 京田陽太、24歳。期待の新人として一昨年から半ば「特別扱い」で抜擢され、昨年も(やや成績を落としたとはいえ)堅実に結果を残したが、昨オフに根尾昂がドラフト1位指名されて、突然雲行きが怪しくなった。冷静に考えれば、大卒で2年間結果を残した選手と高卒の新人選手が横一線で競争できるわけもないのだけど、マスコミ(というか主に中日新聞と中日スポーツ)がとにかく煽るので、まあこちらもやりにくかったことだろう。ただ、もともと真面目で熱心な選手なはずなのだけど、オープン戦終盤で与田監督の評価がえらく下がっていた。まさか堂上に追い抜かれることはないだろう、と高をくくっているようなところが見え隠れしていたのかな。

 野球は基本パ・リーグを見ているのだけど、名古屋に住んでいる以上、ドラゴンズは強いに越したことはないのですよ。一応セ・リーグではドラゴンズファンだしな。うまく選手を伸ばして、いい結果を出して欲しい。

タグ:野球
posted by toshinagata at 23:55| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ