2019年07月07日

クラシック音楽館:平尾貴四男、矢代秋雄

 クラシック音楽館で邦人作品を取り上げていたので、見ました。平尾貴四男の「砧」と、矢代秋雄のピアノ協奏曲。指揮は山田和樹。

 「砧」は曲の存在は知ってたけど、聴いたのは初めて。戦時中 (1942) に書かれたというのが意外なぐらい、洗練された印象を受けた。

 矢代秋雄の協奏曲は、河村尚子の独奏。この人の演奏は初めて聴いたのだけど、なんかすごく力の入った感じの、独特のスタイルで演奏する人ですね。第一・三楽章で出てくるカデンツァ風の部分、音が重い。もっと歯切れよく叩きつける様に弾くところだと思っていたので、新鮮だった。

20190707-1.png

 一番感銘を受けたのは第一楽章の第二主題のところで、和音の一つ一つにそれぞれ表情がある。ぞくぞくする。

20190707-2.png

 第二楽章と第三楽章は、なんかもうちょっとタメがあってもいいような気がした。次々と楽想が溢れ出てくる感じで、それはそれでいいのかもしれないけど、聴いてる方が忙しいんだよね。そういう曲だ、と言ってしまえばそれまでなんだけど。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 23:28| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ