2019年09月14日

Lua で PDF 作成:LuaHPDF

 wxWidgets アプリを Lua で記述する wxLuaApp。これで PDF を作成したいと思ったのだが、wxWidgets には PDF 関連の API がない。誰か作ってるでしょ、と「Lua PDF」で検索すると、「Lua 関連の PDF 文書」が大量にヒットして、なかなか有益な情報にたどりつかない。PDF 関連の情報をネット検索で探すのは、案外面倒なんですね。

 「Lua PDF create」で探して出てきた、LuaHPDF が良さげだったので、試してみた。

20190914-1.png

 「Haru Free PDF Library」の Lua バインディングらしい。そうか、このライブラリは前に一度調べたことがあったな。オリジナルの作者が日本人なので、日本語対応がちゃんとしている。これは大事なポイントです。

20190914-2.png

 使い方の方針を決めておかないといけない。今回は、Lua スクリプトから見える場所に hpdf.dylib (Mac) または hpdf.dll (Windows) を置いて、hpdf = require "hpdf" で読み込むようにする。動的ライブラリは1個だけにしたいので、libHaru は静的にリンクすることにする。

 まず libHaru と luaHPDF をダウンロードする。

$ curl -L https://github.com/libharu/libharu/archive/RELEASE_2_3_0.zip >libharu-RELEASE_2_3_0.zip
$ unzip libharu-RELEASE_2_3_0.zip
$ curl -L https://github.com/jung-kurt/luahpdf/archive/master.zip >luahpdf-master.zip
$ unzip luahpdf-master.zip

 ここで大事なお知らせ。libHaru は libpng, zlib に依存します。Mac では、zlib はシステム標準のものを使う。libpng は X11 関連のライブラリにあるが、インストールされていない可能性もあるので、自前でビルドして静的リンクする。Windows では、両方自前でビルドすることにする。libHaru, luaHPDF と同じ階層に、libpng_zlib というディレクトリを作って、その中に zlib, libpng をインストールする。

$ mkdir libpng_zlib
$ cd libpng_zlib
$ curl -L https://download.sourceforge.net/libpng/libpng-1.6.37.tar.gz >libpng-1.6.37.tar.gz
$ tar xzf libpng-1.6.37.tar.gz
$ curl -L https://www.zlib.net/zlib-1.2.11.tar.gz >zlib-1.2.11.tar.gz
$ tar xzf zlib-1.2.11.tar.gz

 Mac 用のビルド。libpng を libpng_zlib/build-osx にインストールする。SDK として /Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk を指定する。--disable-shared--enable-static を指定して、静的ライブラリのみ作成する。

cd libpng-1.6.37
$ CFLAGS="-isysroot /Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk" CPPFLAGS="$CFLAGS" ./configure --prefix=$PWD/../build-osx --disable-shared --enable-static
$ make
$ make install

 libHaru のビルド。これも静的ライブラリのみ作成する。

$ cd ../../libharu-RELEASE_2_3_0
$ export SDK=/Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk; CFLAGS="-isysroot $SDK" ./configure --prefix=$PWD/build-osx --disable-shared --enable-static --with-sysroot=$SDK --with-png=$PWD/../libpng_zlib/build-osx --with-zlib=$SDK/usr
$ make
$ make install

 luaHPDF のビルド。ファイル1個だけなので、Makefile を書くより手打ちの方が早い。LuaJIT は、wxLuaApp の中でビルドしたものをリンクする。

$ cd ../luahpdf-master
$ gcc -isysroot /Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk -I../wxLuaApp/LuaJIT-2.0.5/src -I../libpng_zlib/build-osx/include -I../libharu-RELEASE_2_3_0/build-osx/include -Wall -O2 -fomit-frame-pointer -fPIC -c -o hpdf.o hpdf.c
$ gcc -shared -fPIC -isysroot /Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk -o hpdf.dylib hpdf.o -L../wxLuaApp/build-xcode/build/lib -L../libpng_zlib/build-osx/lib -L../libharu-RELEASE_2_3_0/build-osx/lib -lhpdf -lz -lpng -lm -lluajit-5.1

 できた!

$ ls -l *.dylib
-rwxr-xr-x  1 nagata   staff  1176140  8 29 23:28 hpdf.dylib

 試してみる。

package.cpath = "./?.dylib;" .. package.cpath
hpdf = require "hpdf"
local pdf = hpdf.New()
local page = hpdf.AddPage(pdf)
local height = hpdf.Page_GetHeight(page)
local width = hpdf.Page_GetWidth(page)
local font = hpdf.GetFont(pdf, "Helvetica")
hpdf.Page_SetFontAndSize(page, font, 24)
hpdf.Page_BeginText(page)
hpdf.Page_TextOut(page, 60, height - 60, "Hello from Haru")
hpdf.Page_EndText(page)
hpdf.SaveToFile(pdf, "hello.pdf")
hpdf.Free(pdf)

 できました。

20190914-3.png

 次は Windows (64 bit) のビルド。zlib でちょっと手こずった。

$ cd path/to/libpng_zlib
$ cd zlib-1.2.11
$ CHOST=x86_64-w64-mingw32 ./configure --prefix=$PWD/../build-win --static
...
Please use win32/Makefile.gcc instead.

 えー、大きなお世話じゃ。win32/Makefile.gcc は 32bit 限定なので、64bit 版はビルドできない。仕方がないので、configure に手を入れた。

  MINGW* | mingw*)
# temporary bypass  次の3行をコメントアウト。
        #rm -f $test.[co] $test $test$shared_ext
        #echo "Please use win32/Makefile.gcc instead." | tee -a configure.log
        #leave 1

 再トライ。今度はうまくいった。

$ CHOST=x86_64-w64-mingw32 ./configure --prefix=$PWD/../build-win --static
$ make
$ make install

 次は libpng。CFLAGSCPPFLAGS を両方指定しないといけない。気づくのに時間がかかった…

$ cd ../libpng-1.6.34
$ CFLAGS="-L$PWD/../build-win/lib" CPPFLAGS="-I$PWD/../build-win/include" ./configure --prefix=$PWD/../build-win --host=x86_64-w64-mingw32 --disable-shared --enable-static
$ make
$ make install

 libHaru は特に問題なし。

$ cd ../../libharu-RELEASE_2_3_0
$ ./configure --prefix=$PWD/build-win --host=x86_64-w64-mingw32 --disable-shared --enable-static --with-png=$PWD/../libpng_zlib/build-win --with-zlib=$PWD/../libpng_zlib/build-win
$ make
$ make install

 luaHPDF のビルド。前に書いた通り、fopen をマルチバイト対応のものに置き換える必要があるので、win_fopen.o を作成してリンクする。

$ x86_64-w64-mingw32-gcc -I../wxLuaApp/LuaJIT-2.0.5/src -I../libpng_zlib/build-win/include -I../libharu-RELEASE_2_3_0/build-win/include -Wall -O2 -fomit-frame-pointer -fPIC -c -o hpdf.o hpdf.c
$ x86_64-w64-mingw32-gcc -I../wxLuaApp/LuaJIT-2.0.5/src -I../libpng_zlib/build-win/include -I../libharu-RELEASE_2_3_0/build-win/include -Wall -O2 -fomit-frame-pointer -fPIC -c -o win_fopen.o win_fopen.c
$ x86_64-w64-mingw32-gcc -shared -fPIC -o hpdf.dll hpdf.o win_fopen.o -L../wxLuaApp/build-win/build/lib -L../libpng_zlib/build-win/lib -L../libharu-RELEASE_2_3_0/build-win/lib -lhpdf -lpng -lz -lm -llua51

 できた。

$ ls -l *.dll
-rwxr-xr-x  1 nagata   staff  1926112  9 11 21:57 hpdf.dll

 日本語 PDF を作成するには、Lua の文字列を Shift-JIS (CP932 = Microsoft Code Page 932) に変換する必要がある。libHaru は日本語エンコーディングとして CP932 か EUC しか対応してないためである(libharu:Encodings)。この件は後日。

posted by toshinagata at 22:44| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ