2019年09月22日

LuaHPDF + wxWidgets で日本語 PDF

 「LuaHPDF:日本語の PDF 文書を作る」のつづき。Mac, Windows のクロスプラットフォームにしようと思って、また一苦労した。

 先日のコードでは、フォントのファイルパスを /Library/Fonts/Microsoft/MS Gothic.ttf とハードコーディングしている。これを何とかできないか、せめて「フォント名」を指定して、そこからフォントファイルを探すようにできないかと考えた。しかし、Windows ではこれが非常に難儀だった。どうやら、公式の API は存在しないようで、レジストリを自力で探すか、フォント名からデータを取得してファイルの内容と突き合わせるか、非公開の API を使うか、そんな方法しかないらしい。

 今作成しているプログラムでは、フォントは「MSゴシック」固定でも特に問題はないので、下のように対応することにした。フォントのファイルパスはハードコーディングしておき、見つからなければ埋め込み無しの「MS-Gothic」を使う。

-- プラットフォーム名。"Mac", "Windows" などになる
local platform = string.match(wx.wxGetOsDescription(), "^(%S*)")
local pdf = hpdf.New()
local page = hpdf.AddPage(pdf)
local height = hpdf.Page_GetHeight(page)
local width = hpdf.Page_GetWidth(page)
hpdf.UseJPEncodings(pdf)
local font_name
--  MS ゴシックの ttf/ttc があれば使う、なければ UseJPFonts の MS-Gothic を使う
if platform == "Mac" then
  font_name = hpdf.LoadTTFontFromFile(pdf, "/Library/Fonts/Microsoft/MS Gothic.ttf", 1)
elseif platform == "Windows" then
  font_name = hpdf.LoadTTFontFromFile2(pdf, "c:\\Windows\\Fonts\\msgothic.ttc", 0, 1)
end
if font_name == nil or font_name == "" then
  hpdf.UseJPFonts(pdf)
  font_name = "MS-Gothic"
end

 もう一つ、地味に面倒なのが、UTF-8 文字列を Shift-JIS 文字列に変換する方法。UTF-8 と Shift-JIS の文字の並びには何の関連性もないので、表を引くしかない。車輪の再発明は避けて、それぞれの OS の機能を素直に使う。Lua の関数として実装した。

/*  UTF-8 string to CP932 (Windows Shift-JIS) string  */
static int
utf8_to_sjis(lua_State *L)
{
    size_t len;
    const char *utf8 = lua_tolstring(L, -1, &len);
    if (utf8 == NULL)
        luaL_error(L, "Cannot get string");
    
#if defined(WIN32)
    size_t widelen, sjislen;
    wchar_t *wide;
    char *sjis;
    widelen = MultiByteToWideChar(CP_UTF8, 0, utf8, -1, NULL, 0);
    wide = calloc(widelen + 1, sizeof(wchar_t));
    if (wide == NULL)
        goto error_alloc;
    if (MultiByteToWideChar(CP_UTF8, 0, utf8, -1, wide, widelen + 1) == 0) {
        free(wide);
        goto error_conv;
    }
    sjislen = WideCharToMultiByte(CP_THREAD_ACP, 0, wide, -1, NULL, 0, NULL, NULL);
    sjis = calloc(sjislen + 1, sizeof(char));
    if (sjis == NULL) {
        free(wide);
        goto error_alloc;
    }
    if (WideCharToMultiByte(CP_THREAD_ACP, 0, wide, widelen + 1, sjis, sjislen + 1, NULL, NULL) == 0) {
        free(wide);
        free(sjis);
        goto error_conv;
    }
    lua_pop(L, 1);
    lua_pushlstring(L, sjis, sjislen);
    free(wide);
    free(sjis);
    return 1;
#elif defined(__APPLE__)
    CFStringRef ref = CFStringCreateWithBytes(kCFAllocatorDefault, (const UInt8 *)utf8, len, kCFStringEncodingUTF8, false);
    if (ref == (CFStringRef)0)
        goto error_conv;
    size_t widelen = CFStringGetLength(ref);
    char *sjis = (char *)calloc(widelen * 2 + 1, sizeof(char));
    if (sjis == NULL) {
        CFRelease(ref);
        goto error_alloc;
    }
    if (!CFStringGetCString(ref, sjis, widelen * 2 + 1, kCFStringEncodingDOSJapanese)) {
        CFRelease(ref);
        free(sjis);
        goto error_conv;
    }
    lua_pop(L, 1);
    lua_pushlstring(L, sjis, strlen(sjis));
    free(sjis);
    CFRelease(ref);
    return 1;
#endif
error_conv:
    luaL_error(L, "Cannot convert");
error_alloc:
    luaL_error(L, "Cannot get string");
    return 0;
}
posted by toshinagata at 12:03| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ