2019年12月15日

コンポストと土つくり、その後

 今年の3月に書いた、「コンポストと土つくり」の後日談です。前回は、家庭菜園の畑に改良した土を入れて、キンジソウを植えたところまで書いた。その後どうなったかというと。

20191215-1.jpg

20191215-2.jpg

 これが今日の状況。12月中旬だというのに、まだこんなに茂っている。キンジソウは霜が降りると一発で枯れてしまうが、今年は霜が遅いので、この時期まで生き残っている。よく見ると虫食いもあるけど、元気な葉の方がはるかに多い。

 夏場はもっとすごくて、間引きしないと収拾がつかないぐらい茂っていた。実は、この横にシソが植えてあったのだけど、そちらも伸び方がすごかった。今年の夏はシソは全然買わずに済んだんじゃないかな。

 ヨトウムシが来る5〜6月ごろはシソが丸裸にされていたので、「ああ、やっぱりダメじゃん」と思っていた。しかし、なんとかそこを乗り切ると、あとは茂り放題だった。土の効果があったのかどうかは何とも言えないが、うまくいったことは間違いない。

 この秋は庭いじりをする時間があまりなくて、春野菜は何も植えなかった。冬の間は土つくりに専念して、来年もキンジソウとシソには頑張ってもらう。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 10:49| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ