2020年01月20日

高木守道氏逝去

 中日ドラゴンズ OB の高木守道さんが急逝された。驚いたのは、突如として高木さんを讃える記事が怒涛のように公開されていること。高木さんが二度目に監督をやっていたとき、みんなけっこうボロクソに言ってなかったか? 「1年目に2位になれたのは落合前監督の遺産で、2年目はやっぱりダメだった」みたいな声ばかり聞こえていたような気がする。

 おそらくは、自分の見ていた情報が偏っていたのだろう。私は「落合監督をやめさせてドラゴンズの生え抜き OB で首脳陣を固めた」という親会社(中日新聞社)のやり方がすこぶる気に入らなかったので、高木監督にもいい印象を持っていなかったのだと思う。高木監督が掲げていた「Join us」というスローガンも、ファンサービスに不熱心だった落合前監督に対する当てつけとしか思えなかった。ここ数日の高木さんに関する記事を読んで、ドラゴンズの生え抜き OB の中では数少ない「落合監督の理解者」だったことなどを知って、今更ながら認識を改めた。

 高木さんの現役時代は一応知ってはいるし、「燃えよドラゴンズ」の最初のバージョンが「一番高木が塁に出て」なのももちろん知っていた。ただ、Wikipedia に書かれている「二塁手としての守備記録は NPB 歴代トップ」というのはびっくりした。そこまでの人だとは知らなかった。掛布さんも落合さんも「歴代最高の二塁手は高木守道」と言ってるんですってね。そうだったんだ…

 なんだか、高木さんのことをもっと早く、詳しく知っておきたかったな、と今更のように思っています。ご冥福をお祈りします。

タグ:野球
posted by toshinagata at 00:15| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ