2020年08月23日

3Dプリンタ:はめ合わせの検討

 3D プリンタで、箱のフタをはめ合わせで作りたくて、寸法の調整をやってみた。

20200823-1.jpg

 これをはめ合わせでこうするわけです。

20200823-2.jpg

 ツメが小さいので、なかなか設計通りにいかない。出力結果の再現性も微妙な感じ。何度もやり直しました。

20200823-3.jpg

 細かく追い込んで、こういう設計に落ち着いた。よく考えてみると、ノズル先が 0.4 mm なのに、0.2 mm なんて寸法書いても意味ないな。もうちょっとざっくりした設計を目指さないといけないところだったかも。

20200823-4.png

 モーターボックスとそのフタに応用してみました。せっかく追い込んだ設計なのに、やっぱりぴったりはまらず、苦労してツメを削る羽目になった。PLA をナイフで削るのはすごく大変です。でも、リューターを使うと溶けてしまうそうです。なかなか厄介だね。

20200823-5.jpg

 あちらを削りこちらを削りで、やっとここまで来ました。収まってしまえば勝ち!

20200823-6.jpg

posted by toshinagata at 21:52| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ