2020年09月22日

DTM演奏:コダーイの無伴奏チェロソナタ

 コダーイの無伴奏チェロソナタ Op.8 第3楽章を DTM でやりました。

 音源は Roland JV-1010 + Orchestra Card 1。確か、Nifty FMIDICLA に最後に投稿した演奏だった(2000年6月)。このころ、みんな SC-88 にそろそろ飽きてきていて、別の音源を探す動きが始まっていた。一時流行ったのが JV-1080/JV-1010 だった。窪田さん(マンデルブロ音楽の人)や襟草梯さん(字が違うかも)が、いろいろ使い方を研究していた。JV-1080/JV-1010 は音作りの自由度が高くて、2つの波形を重ね合わせて、その重みを MIDI のコントロールチェンジでリアルタイムに変える、というような設定ができた。この演奏でも、チェロのアタック音の強さをコントロールチェンジで細かく変更している。

 しかしながら、当時はまだオーディオデータを交換するにはネット帯域が非力で、独自音源を使うとごく一部の人にしか聴いてもらえない、というジレンマがあった。ちょうどこの時期に、著作権が生きている楽曲についての JASRAC の特別扱いが終了する、という話も出てきて、FMIDI の活動自体が転機を迎えていた。そういったもろもろの事情で、自分も FMIDI にはいつしか出入りしなくなり、DTM 活動もそのままフェードアウトしていった。

 DTM 活動に復帰した大きなきっかけは Facebook の FMIDIRBN ですね。FMIDICLA の頃のような熱気はないけど、コミュニティが存在しているのは大きい。

 コダーイの話に戻る。この曲は名曲です。ある人が「バッハの無伴奏チェロ組曲に匹敵するぐらい素晴らしい」と評していて、さすがにそれは褒めすぎじゃないかと思うんだけど、音楽の密度はものすごく高いです。特徴的なのは、3・4弦を半音下げて調弦していること。これで、開放弦が A-D-F#-B となる。この曲は B minor なので、開放弦が Bm7 の構成音になっているのは都合がいい。しかし、3・4弦で弾く音を半音高く記譜するのはどうなんでしょうね。音取りがものすごく難儀なんだけど、弦楽器奏者にはこれが都合いいのだろうか。バッハの無伴奏チェロ組曲5番もそういう記譜になっている。弦の人に聞いてみたい。

 この曲に取り組んだきっかけ。JV-1010 のソロチェロの音を聴いて、「これはソロ曲いけるな」と思ったので、作り始めたんだけど、想像以上に大変だった。ソロ弦の曲って情報量がとてつもなく多くて、楽譜を1段分進めるのにめちゃくちゃ時間がかかる。残りページ数を見て、何度もため息をついたものだった。第1楽章・第2楽章が残っているけど、なかなか取りかかる気になれない。

 ところで、最近 Sound Canvas VA の更新のために Roland Cloud に登録したんだけど、そこで JV-1080 のソフトウェア音源が出ていることを知った。一瞬心が動いたけど、わざわざこれを使って作品作るかな?と思うと、あまり可能性は高くなさそう。これを買うぐらいだったら、オーケストラ+ソロ弦の専用音源を考えた方がいいかもしれない。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 08:55| 日記

2020年09月19日

阪急電車の美意識

 阪急電車に週刊誌の吊り広告がないのは、昔からよく知られた話です。そもそも、京都線の特急なんて、昔は吊り広告自体がなかった。

 阪急電車は本当にキレイなんだよな。車両の外装も、内装も、いつもピカピカ。とんでもない手間をかけていると思う。最近はどこの鉄道会社も車両をきれいにしているけど、昔は車内で唾をはくオッサンとかガムを捨てる子供とか普通にいたし、内装を美しく保つのは大変だったんじゃないかな。

 私の実家は能勢電鉄沿線にあります。これを「阪急沿線」と言うのは、優良誤認表示でしょう。でも、どこかに出かけようと思ったら必ず阪急電車を使うことになるので、気分的には阪急沿線でした。小学生の頃から、週に2回は阪急電車に乗っていた。

 50年前! ということは、私が子供時代にもう3100系は宝塚線で走っていたんだな。当時は、それより古い、ちょっとくすんだ感じで片開きドアの車両もまだ走っていた。急行は新しい車両で、それがめっちゃきれいだったのはよく覚えている。たまに急行が古い車両だと、なんか損した気分になったな。(なお、当時は宝塚線には急行と普通しかなかった。)ごく最近まで現役で走っていたなんて、驚きだね。

タグ:社会
posted by toshinagata at 20:18| 日記

2020年09月16日

金星のホスフィンは生命の痕跡なの?

 「生命の痕跡」というのが Twitter のトレンドに上がっていたので、読んでみた。

 元記事はこちら。「Phosphine gas in the cloud decks of Venus」(J. S. Greaves et al. Nature Astronomy (2020). https://doi.org/10.1038/s41550-020-1174-4. オープンアクセスなので、購読者でなくても読めます。

 論文の内容は、金星から放射されているマイクロ波を分析することで、金星の大気中に 20 ppb(10億分の20)程度のホスフィン PH3 が含まれていることを明らかにした、というもの。ホスフィンが生成する機構を検討したところ、既知のモデルでは説明がつかず、未知の光化学・地球化学的過程か、生命由来の可能性がある、と主張している。

 ここで「生命由来」という言葉を論文の概要に含めているところがポイント。もちろん、著者たちは、それが「山ほど可能性がある中の一つ」に過ぎないことは十分わかっている。でも、論文の概要にその一言を入れることで、一般向けの記事が飛びついて「金星に生命の痕跡か?!」と盛んに宣伝してくれることを、ちゃんと計算しているはずだ。(この文も宣伝に一役買っているわけだ。)そして、多くの人に読まれることによって、巨大な国家予算を要する天文学研究が市民に広く応援される、というのが最終的な到達目標なのだろう。

 このプロセスには、どこにも「誤り」はない。科学的にみれば、このホスフィンが生命由来である「可能性」は当然ゼロじゃない(逆に可能性がゼロであることを証明するのはほぼ不可能)。つまり、論文の記述にウソはなく、科学的な誤りはない。一方、それを受けて、「多くの可能性のうちの一つだけを強調」して、「金星に生命の痕跡か」と見出しをつけるのは、一般向けのメディアなので、科学的な正確さを遵守する責任はない。論文に実際に書かれていることを取り出して、人々が興味を持つ部分を紹介しているわけだから、彼らは単に自分たちの仕事を全うしているだけのこと。その記事を読んだ一般の人が、「すごい、金星に生命の痕跡が見つかったんだ」と感心するのももちろん当然のことで、何の問題もない。

 どこにも問題はないんだけど、やっぱり引っかかる。「金星の大気中に 20 ppb のホスフィンが見つかった」と「金星に生命の痕跡が見つかった」の間には、とてつもなく大きな落差がある。研究者、論文、一般記事、一般読者と情報が伝達される間に、少しずつ内容が変容して、結果として大きな落差が生まれている。引っかかるのは、その落差が、論文の著者によって(おそらく)意図的に誘導されていること。これは、研究者として不誠実な姿勢なのではないか、と思うのです。研究者の端くれとしても、一般市民としても、納得できないものを感じる。

タグ:科学 社会
posted by toshinagata at 21:06| 日記

2020年08月31日

「エーゲ海の祭典」序曲

 Andreas Makris 作曲の "Aegean Festival Overture"(「エーゲ海の祭典」序曲)という曲があります。アメリカ海兵隊軍楽隊の演奏でどうぞ!

 昔、吹奏楽でやりました。この曲すごく好きなんです。もっと知りたいなと思って、ある時期ネットでいろいろ調べたんだけど、ぜんぜん情報がなかったんですよね。もう忘れられた曲なんかなあ、と残念に思っていました。ところが、"Wind Repertory Project" (WRP) で、しっかり紹介されている。どういう経緯で作曲されたかもちゃんと書かれている。

This piece was written in 1967 as an orchestral overture for the Washington National Symphony and was premiered by that group under Howard Mitchell a year later at Constitution Hall. Its immediate success then and on tour occasioned the collaboration between Makris and Albert Bader of the U.S. Air Force Band to arrange the overture as a concert piece for band.

"Aegean Festival Overture", The Wind Repertory Project

 さらに、作曲者の Andreas Makris 氏のウェブサイトも見つかった。氏は 2005 年に他界されたが、その作品を紹介するためのウェブサイトが運営されている。

20200831-1.png

 オーケストラ原曲のスコアを見たいと思っていたのだけど、それはさすがに無理かな、と思いきや、なんと "DOWNLOAD" のタグが IMSLP へのリンクだった! つまり、著作権者が許可を与えて IMSLP からダウンロードできるようにしている、ということ。これは素晴らしい……

20200831-2.png

 手書きのスコアと、浄書したスコアがあります。浄書した方は、移調楽器が実音で書いてあるとか、なんかいろいろ変なので、手書きの方がよいです。非常に読みやすく、丁寧に書いてあります。

20200831-3.png

 スコアを読んでみると、Bader 編曲の吹奏楽版といろいろ違う点が見つかりました。吹奏楽版のスコアは手元にないので、記憶に頼っていますが、上の YouTube の吹奏楽版が記憶と一致していたので、間違ってはいないはずです。

 まず、練習番号8の 15〜16 小節目で、弦が同じフレーズを繰り返している。編曲版では、2回目が省略されている。ページの切れ目なので、作曲者がうっかりしていたのかもしれない。

20200831-4.png

 練習番号11から、「5/8 2小節+2/4 1小節」の交代になるが、原曲では2回ずつ同じ音程で繰り返している。編曲版では、繰り返しが省略されている。原曲通りだと、少しくどいかもしれない。

20200831-5.png

 練習番号13の7〜10小節、6/8+4/4 が1組省略されている。

20200831-6.png

 このあとトランペットに高い D が要求されるんだけど、弦パートを押し付けられてるのかと思ったら、原曲でもトランペットだった。Makris 先生キツいっすねえ。

20200831-7.png

 このあとクラリネットのカデンツァがあって、中間部に入る。中間部は、原曲ではバスーンの無伴奏ソロで始まり、次に打楽器の伴奏でイングリッシュホルンが同じフレーズを繰り返し、さらに弦のピチカートの伴奏でフルートが確保・展開する。編曲版では、最初のバスーンのソロに打楽器の伴奏をつけて、その次がフルートになる。つまり、2回目の繰り返しを省略。

20200831-8.png

 このあとも、要所で繰り返しが省略されていて、緊張感を高めている。上の紹介文でも "the collaboration between Makris and Albert Bader" とあるから、作曲者も了解の上で手を入れた、と考えられる。

 アメリカの大学バンドでは相当頻繁に演奏されているようだけど、日本ではどうなんでしょうかね。最近は日本人作曲家が素晴らしいオリジナル作品をたくさん発表しているから、古い曲は出番がないのかもしれない。目を向ける価値がある曲だと思いますけどね。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 21:01| 日記

2020年08月30日

The Wind Repertory Project

 The Wind Repertory Project。吹奏楽の楽曲紹介を集めたサイト。こんなのあるの知らなかったよ。びっくりした。

20200830-1.png

 何がびっくりしたって、私の "Ecliptic""Sonatine for Woodwind Quartet" がエントリーされてるんですよ。

20200830-2.png

 何者かもわからん作者の作品を入れてるぐらいだから、よっぽど玉石混淆なんだろうな、と思ったら、どうもそうでもない。全員見たわけじゃないけど、周りはどうもちゃんとした人ばっかりで、経歴不明の人物はあんまり入ってないみたいです。けっこうびびってます。

20200830-3.png

 まあそれはそれとして、このページ、いろいろ面白い。管理人は Nikk Pilato さんという方で、インディアナ州立大学の音楽の助教授、かつ同大学吹奏楽団などの指導者だそうです。ブログもあるんだけど、エントリーはあまり多くありません。けっこう詳細に楽曲の分析をやってあったりして、面白い。もっと書いてほしいな……と思いつつ、それが飯の種なんだからタダでは出せんわな、と考え直す。これなんて、珍しい曲の紹介ですよ。レスピーギがオリジナルの吹奏楽曲書いてたなんて知ってました?

20200830-4.png

 これも面白かった。吹奏楽の曲当てクイズ。

How good a grasp do you have on the wind band repertoire? Test yourself on your knowledge of it by identifying these...

The Wind Repertory Projectさんの投稿 2020年4月10日金曜日

 50曲中5曲だけわかりました。私がリアルに吹奏楽に関わってたのってほんの数年間だから、まあこんなもんだろうな。

  • 4:33 Second Suite: 2. Song Without Words, 'I'll Love My Love' (Holst)
  • 7:41 Music for Prague 1968: 4. Toccata and Chorale (Husa)
  • 7:57 Symphony in Bb: 1. Moderately fast, with vigor (Hindemith)
  • 10:50 Lincolnshire Posy: 3. Rufford Park Poachers (Grainger)
  • 11:21 Suite Française: 2. Bretagne (Millhaud)
タグ:音楽
posted by toshinagata at 00:36| 日記

2020年08月26日

3Dプリンタ:Marble Run のモータ化

 Marble Run = 玉転がしのモータ化、一応できました。ぜんぜんスムーズに動かなくて、しょっちゅう止まるので、あまりいい出来とは言えないけど。

20200827-1.jpg

 まず、台座と、動力伝達のギヤ類です。

20200827-2.jpg

 こんな風に組みます。

20200827-3.jpg

 先日作ったギヤ部分を持ってきます。

20200827-4.jpg

 モータの回転軸とギヤをはめこみます。軸とギヤの穴は正方形に加工してある。

20200827-5.jpg

 台座にはめこんで固定します。

20200827-6.jpg

 フタをはめこんで、ギヤボックス周りは完成。

20200827-7.jpg

 玉転がし側のパーツです。トラック(青いやつ)は、高解像度でプリントし直しました。

20200827-8.jpg

 ギヤとトラックをはめ込みます。矢印で示したところと、正反対の側とに、ツメと切り欠きを作ってあります。

20200827-9.jpg

 玉を持ち上げる「らせん」を挿し込む。写真ではわからないけど、ギヤの下側に軸がはみ出します。

20200827-10.jpg

 軸受になる部品をはめる。

20200827-11.jpg

 手回しの部品をはめる。モータで回すから要らないはずだけど、現実にはしょっちゅう止まるので、むりやり回すのに必要です(苦笑)。

20200827-12.jpg

 台座にベアリングを入れる。といっても、トラックに転がすのと同じ玉を入れるだけです。

20200827-13.jpg

 トラックをはめこんで完成。

20200827-1.jpg

 このあともう少し追い込んでみたけど、結局あまりスムーズに回るようにはならなかった。一から設計をやり直した方がよさそう。3Dデータを公開する価値はないかな……。

posted by toshinagata at 23:37| 日記

2020年08月23日

3Dプリンタ:はめ合わせの検討

 3D プリンタで、箱のフタをはめ合わせで作りたくて、寸法の調整をやってみた。

20200823-1.jpg

 これをはめ合わせでこうするわけです。

20200823-2.jpg

 ツメが小さいので、なかなか設計通りにいかない。出力結果の再現性も微妙な感じ。何度もやり直しました。

20200823-3.jpg

 細かく追い込んで、こういう設計に落ち着いた。よく考えてみると、ノズル先が 0.4 mm なのに、0.2 mm なんて寸法書いても意味ないな。もうちょっとざっくりした設計を目指さないといけないところだったかも。

20200823-4.png

 モーターボックスとそのフタに応用してみました。せっかく追い込んだ設計なのに、やっぱりぴったりはまらず、苦労してツメを削る羽目になった。PLA をナイフで削るのはすごく大変です。でも、リューターを使うと溶けてしまうそうです。なかなか厄介だね。

20200823-5.jpg

 あちらを削りこちらを削りで、やっとここまで来ました。収まってしまえば勝ち!

20200823-6.jpg

posted by toshinagata at 21:52| 日記

2020年08月21日

3Dプリンタ:ちびモータを使う

 前回作った Marble Run = 玉転がし、モータ化を考えてみた。小さいモータがあればいいのに、と思って「小さい」「モータ」「ギアボックス」などのキーワードで検索していたら、「ちっちゃいものくらぶ」の記事にたどり着きました。

20200820-1.jpg

 実はこれ持ってるやん。「ちびか〜作ってみた」でこのブログにも書いてるし。というわけで、ちびか〜をバラして、ちびモータを取り出してきた。

20200820-4.jpg

 こういう不規則な形の動力部品は、取り付けに苦労するのが定番です。だけど、3Dプリンタがあれば固定具を作れるはず。この突起が回転するので、その動きを捕まえればいい。

20200820-2.jpg

 こんな設計にしてみた。「A」でモータ本体を固定して、「B」で回転を捕まえる。1秒間にせいぜい2回転程度のゆっくりした動きなので、摩擦の低減とか動力伝達の効率化は特に考えてない。動けばいいや、というレベルの設計です。

20200820-3.jpg

 モータがこれだけ小さいのだから、電源も小さくしたい。安価に入手できる LR44 を2個使って、定格の 3V を発生させようと思ったが、手元に電池ボックスがない。これも 3Dプリンタで作れるんじゃない?と、Thingiverse を探してみたら、案の定見つかった。「2x LR44 button cell battery holder」。

20200820-5.jpg

 これらを一体化させて、さらにスライドスイッチを固定する場所も作って、こんな設計になった。電池ボックス周りは、狭いところで配線するのが少し難しそうだったので、あとからはめこむようにしてある。

20200820-6.jpg

 一応できたんだけど、ちょっと微妙です。あちこち引っかかる。「動けばいいや」じゃやっぱりだめだったかな。もう少しいろいろ追い込まないといけないようです。

20200820-7.jpg

posted by toshinagata at 22:42| 日記

2020年08月15日

3Dプリンタ:Marble Run を作った

 3Dプリンタで、何か動きのあるものを作りたいと思った。やっぱりここは玉転がしでしょう。3Dプリンタの玉転がしは作例がたくさんある。おそらく、特に有名なのがこれ。

 作者の Tulio Laanen 氏は、単なるものづくりの人じゃなくて、アート系の人のようです。インテリアとしても美しい。せっかくデータを公開してくれているので、作ってみることにした。なお、AdaFruit 社がこれを使って「モーターで回す」バージョンを公開しているので、そちらも参考にする。玉を持ち上げる「らせんのエレベータ」をモーターで回しているわけですね。

 原作は「3/8 インチ (9.5 mm) のボール」を使う設計なのだが、小さく作ったほうが可愛らしいので、4 mm のボール用に縮小した。FlashPrint で読み込んだ後「スケール」で縮小すればいい。

20200815-1.jpg

 こんな風になりました。材質は PLA で、本体はクリアブルー、らせんを回すためのキャップはクリアレッド(本体付属のフィラメント)、らせんの機構はホワイトで作った。本体は、標準解像度の設定で、4時間1分かかった。積層痕がけっこう目立つので、時間をかけて高解像度でプリントした方がよかったな。

20200815-5.jpg

 AdaFruit の動画みたいに、全体をゆっくり回すようにしたいなと思った。そこで、Brian Brocken 氏の "Fully 3D-printable turntable" を参考に、「らせんのエレベータ」を回しつつ、「ターンテーブルも回す」というデザインにチャレンジしてみた。(実は、AdaFruit の動画では、別のターンテーブルに載せて回していたことに後で気づいたけど……)

 最初は、こういうデザインを作ってみた。Brocken 氏のターンテーブルを真似て、横で回して、傘歯車で回転軸を縦向きに変えて、らせんを回す。さらに、歯車で減速して、ターンテーブルを回す。

20200815-2.jpg

 試しにプリントしてみる。歯車の3Dプリントって、見てて飽きないね。

20200815-3.jpg

 しかし、できた歯車を組み合わせてみると、傘歯車がどうもいけない。細かいピッチがちゃんと造形できてなくて、きれいに噛み合わない。

20200815-4.jpg

 小さい傘歯車をちゃんと噛み合わせるにはまだ技術力が足りない、ということで、軸の向きを変えるのは諦めて、本体の横に上向きにハンドルをつけることにした。

20200815-6.jpg

 プリントしてみました。高精度・充填率 100% でプリントした。6時間40分。本体は標準解像度でもよかったかな?と思ったけど、出力結果が明らかにキレイなので、時間があれば高精度でやるのがいいな。

20200815-7.jpg

 なお、このプリントでは、ラフトもサポートもつけていません。サポートはもともと必要ない形だし、ラフトは特につけなくても、プリント中にはがれる気配はまったくなかった。3D プリントって「最初はすごく苦労する、失敗作品が大量にできる」とさんざん聞かされていたんだけど、少なくとも Adventurer3 と純正 PLA フィラメントの組み合わせでは、プリント自体の成功率は相当に高そうである。

 意気揚々と組み付けようとしたけど、歯車がかみ合わない。

20200815-8.jpg

 なぜかというと、歯車の軸の間隔を「理論通り」に設計してしまったから。歯車は、Fusion360 の無料プラグインである Helical Gear Plus というので作成している。このとき、「モジュール」と「歯数」を指定してデザインしている(モジュールは歯のサイズを示す値で、「直径/歯数」で定義される)。ここでは、モジュール 1 mm、歯数を 10 と 29 にして、軸の間隔を 19.5 mm で設計していた。理論通りなら、歯数 10 の歯車は、ピッチ円の直径が 10 mm、歯数 29 の方は 29 mm だから、(10 + 29)÷2 = 19.5 となるけど、3D プリンタの部品は設計より少し膨らむので、理論通りでは組み付けることができない。軸間隔を変えるといろいろ設計変更になるので、大きい方の歯車の歯数を 29 から 27 に減らした。理論上の軸間隔は 18.5 mm となるので、1 mm 遊びを作ったことになる。

20200815-11.jpg

 再度プリントしてみた。今度はちゃんと組み付けられた。かなりゆるゆるだけど、その分スムーズに回る。

20200815-9.jpg

 一応手回しバージョンはできました。手で回すにはハンドルが小さいので、こんな風にペンなどで回します。モーター化は後日考える。ちっさいモーターがあるといいんだけどね。なお、肝心のボールがまだ届いてないので、玉転がしとして機能するかはまだ不明です。

20200815-10.jpg

posted by toshinagata at 22:46| 日記

2020年08月13日

読書感想文の書き方

 Twitter のトレンドに「読書感想文」が上がっていて、なぜ今?と思ったんだけど、今年は夏休みの終わりが早いんですね。そろそろやっつけておかないと始業式に間に合わない、ってことか。

 テレビの情報番組で「読書感想文の書き方」というのをやっていたらしい。スクリーンショットを見ただけだが、見事なアドバイスだった。これ、学校の先生が教えるべきだと思うんですよ。斎藤美奈子氏が「文章読本さん江」で指摘している通り、読書感想文というのは、「作文練習」に他ならない。作文には技術が必要だから、教えてもらわないとできないのは当然なのです。

 テレビの解説(のスクリーンショット)で「あ、これ超重要」と思ったのは、「できるところから書く」というアドバイスだった。書くべきポイントを決めて、それぞれの分量もだいたい決めて、「できるところから書く」。作文が苦手な人は、最初から順番に書こうとするわけですよ。そうすると、分量のコントロールが難しいし、最初の方で「まだ自分の中であいまいな部分」にぶつかると、そこで手が止まってしまう。そういう時は、後ろの方を先に書いてしまえば、前に書くべきことが逆に決まる場合もある。

 これはレポートやら論文やら報告書でも同じ。「書くことを決めて」、「できるところから書く」。手書きの場合は、当然、下書きの紙を用意しておかないといけない。パソコンで書くんだったら、後から挿入するのは簡単だけどね。

 もう一つ、夏休みの宿題の大難所「自由研究」も、やり方を先生が教えるべきです。統一したフォーマットの「自由研究のやり方」プリントをみんなに配るだけでもいい。理科の自由研究だったら、「テーマを決める」「実験する」「条件を変えて実験する」「結果を比較してわかったことをまとめる」の4ステップ。条件を変えても結果が変わらなかったら、「この条件は結果に影響しないことがわかった」と結論づければいい。コンクールで賞をとりたいんだったらもっといろいろ考えないといけないだろうけど、夏休みの宿題では、「自分でやって」「形が整って」いれば十分です。「自分で形を整える」ことが目標だからね。

タグ:教育 社会
posted by toshinagata at 11:54| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ