2020年11月26日

ホークス強い

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークス、4年連続日本一おめでとうございます。いろいろな仕事の合間に一球速報を見るぐらいのことしかできなかったので、実際に躍動する選手たちを見られなかったのが残念。朝のニュースで、第4戦の柳田のホームランだけは見られた。ジャイアンツの選手は、目の前であんな打球を見せられて「恐ろしい」という感想しかなかったんじゃないか。結果を知ってて、すごいホームランだったということまで知っているのに、実際に動画を見たら「ひゃー……」と声が出たもの。いや、声が出なかったというべきか。

 今年は、ドラゴンズの大野が沢村賞を獲った。しかし、今になって見ると、「菅野と大野の一騎打ち」って本当にレベルの高い競争だったんだろうか。いや、日本シリーズ第1戦の菅野があまり良くないように見えたから、というわけではなくて、仮に交流戦をやっていたら、パ・リーグのチーム相手でも同じように無双できたんだろうか、という意味です。

 しかも、西日本スポーツによると、日本一から一夜明けた今日、工藤監督は一軍コーチと個別に面談したらしい。各選手のオフの課題を確認して、それぞれの個人の iPad に送るとのこと。もう、何もかもがレベル高すぎる。こんな環境で鍛えられるホークスの選手たちは、幸せだと思う。我がオリックス・バファローズも、ぜひ見習ってほしい。

タグ:野球
posted by toshinagata at 23:31| 日記

2020年11月15日

3Dプリンタ:ねじを作る(つづき)

 3Dプリンタで、ねじを作る話の続き。ボルトの頭に平目ローレットを入れてみた。

20201115-1.png

 「平目ローレット」って、ちゃんと規格があるんですね(JISB0951:1962 ローレット目 - kikakurui.com)。今回作ったのは、ぜんぜん規格には従ってないので、「なんちゃってローレット」と言った方がいいかな。規格があるのなら、Fusion 360 で作成するツールもありそうなものだけど、見つけられなかった。スケッチを描いて、押し出しで作りました。

20201115-2.png

 プリントしてみました。今度は、ナット側を 107% 拡大した。いい感じで入るようになった。でも、まだ少し角が指に当たって、回すと痛い。それと、3Dプリンタのベッドに接している面が、少し膨れている(矢印のところ)。プリントする時に、ラフトをつけたほうがいいな。

20201115-3.jpg

 再設計する。ボルトの頭は、面取りした。ナットの両端は、角に合わせて三角形を描いて、ナットの軸の周りに「回転」させて切り取った。なんだかそれっぽい形になってきました。

20201115-4.png

 ラフトをつけてプリントした。ラフトから切り離すのに結構難儀したけど、なかなかいい形になりました。手で回しても痛くない。

20201115-5.jpg

posted by toshinagata at 20:36| 日記

2020年11月12日

3Dプリンタ:ねじを作る

 3Dプリンタで、ねじを作ってみた。少しコツが要るので、メモしておく。

 Fusion360 でモデリングする。おねじの方は、円柱を作成して、側面を選択して、「作成→ねじ」を選ぶ。「モデル化」にチェックを入れるのを忘れないように。

20201112-1.png

 めねじの方は、本体を作成して、「作成→穴」を選ぶ。これも「モデル化」にチェックを入れる。

20201112-2.png

 試しに Adventurer3 で PLA でプリントしてみた。1回転ぐらいしか入らない。まあ、こんなもんだろうと思っていたので、特に驚きも失望もしなかったけど。

20201112-3.jpg

 クリアランスをもう少し大きくしないといけない。ねじ穴の面を「オフセット」するのが正攻法なんだろうけど、お手軽に「半径方向を拡大」することにした。もちろん、高さはそのままにする。高さ方向も拡大してしまうと、ピッチが合わなくなる。100%, 101%, 105% の3種類を作成してみた。

20201112-4.jpg

 101% だと、100% と大して変わらなかった。

20201112-5.jpg

 105% にすると、かなり固いけど、一応噛み合った。おねじ(ボルト)側を持つ手がすごく痛くなる。それはボルトの頭の設計がまずいせいでもあるんだけど。

20201112-5.jpg

posted by toshinagata at 23:52| 日記

2020年11月03日

キーボード型ラズパイ?!

 Raspberry Pi を組み込んだキーボード型のパソコン、だと?! いや落ち着け、どう考えても要らんやろ、使い道ないやろ、と自分に言い聞かせてみるのだが、それでも買ってしまう未来しか見えない。

 昔はそれが「普通」だったよねえ。あれとかこれとかそれとか。Raspberry Pi 財団の紹介文には "BBC micro, ZX spectrum, Commodore Amiga のように" とあるけど、この系列で古いものだと、コモドールの VIC-1001 かな。日本でも売られていましたね。現物は見たことないけど、当時のマイコン雑誌にときどき読者投稿プログラムが載っていた。私より少し下の世代だと、「MSX じゃん!」となるんでしょうね。

 そうだよね、やっぱ買うしかないよね……そしてまた、ラズパイが増えていく……全くその通りだな。

 学校でまとめて導入するところとか、出てきませんかね。今までの裸のラズパイだと、多数の児童生徒に触らせるのは非常に不安だけど、これならなんとか使えるんじゃないかな。在庫処分みたいな Windows マシンを入れるよりも、教育現場には合ってると思うんだけどね。そもそも、もともと教育目的で開発されたマシンだからね……

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 23:49| 日記

2020年11月01日

久しぶりに 3D プリンタ

 久しぶりに FlashForge Adventurer3 を動かしました。

20201101-1.jpg

 QNAP TS-128A を、屋根裏部屋から工具置き場に移動させた。工具置き場は、ホームエレクターで棚を組んである。天板にタップを固定したかったのだが、両面テープをあまり使いたくなかった。そこで、棚板にはめ込む部品を作ってみたわけです。

20201101-2.jpg

 作戦はこの通り。黄色の両矢印のあたりに、はめ込みたい。

20201101-3.jpg

 タップの方も、はめ込むようにする。この写真は、試作品が大きすぎたため、サイズを再測定しているところ。

20201101-4.jpg

 試行錯誤の末、こんな形になりました。

20201101-5.png

 白色の PLA でプリント。20 分ぐらいで印刷できます。2個作成しました。

20201101-6.jpg

 2ヶ月以上放置していたので、機嫌良く動いてくれるかどうか、心配だったのだけど、全く問題なかった。Adventurer3, いいですね。

posted by toshinagata at 19:43| 日記

2020年10月30日

QNAP TS-128A:Logitech Media Server を使う

 QNAP TS-128A 設定のつづき(前回前々回)。いよいよ、Logitech Media Server のお試しです。結果を先に言えば、うまくいきました!

  • Logitech Media Server は、現在も開発が続いている。情報はこのあたりにある。このフォーラムの中の、このスレッドに QNAP バージョンの情報がある。開発者の digimaster 氏のポストは、とりあえず読んでおきましょう。
  • QNAP Club にある QLogitechMediaServer のページを開く。
    20201030-1.png
  • "TS-X32U" バージョンをダウンロードする。ダウンロードすると、ファイル名が LogitechMediaServer_2.21.00_arm_64.qpkg となっているので、これが "64bit arm" 用であることがわかる。ここはハードルの高いところです。どのバージョンが QNAP のどのモデルに適合しているのか、ぜんぜんわからないんですよね。TS-128A はわりと新しいモデルだから、しょうがないとも言えるんだけど(でも2018年発売だよね……)。
    20201030-2.png
  • QTS デスクトップで App Center を開いて、「手動でインストール」を選ぶ。
    20201030-3.png
  • 「参照...」で、先ほどダウンロードした qpkg ファイルを選んで、インストール。もちろん自己責任です。
    20201030-4.png
  • インストール進行中。80% ぐらいで一度進行が止まるが、アップデートをしているようです。
    20201030-5.png
  • インストール成功。QTS デスクトップに QLogitechMediaServer のアイコンが表示される。
    20201030-6.png
  • 立ち上げる前に、以前の TS-110 の音楽データをコピーしておく。DataVol1/Public/Music フォルダに入れた。
    20201030-8.png
  • QLogitechMediaServer を立ち上げると、MySqueezebox.com のログイン画面になる。ログインしてもいいけど、右下の Skip でもよい。あと、"Help improve mysqueezebox.com ..." のチェックも外していい。
    20201030-7.png
  • 音楽フォルダ、プレイリストフォルダを選ぶ画面になる。ここは迷った。Music フォルダは、Public の中と、CACHEDEV1_DATA/Public の2箇所に見えている。File Station でフォルダを作成すると、CACHEDEV1_DATA/Public の中には見えていてPublic の中には見えなかったりするので、CACHEDEV1_DATA/Public の方がよさそうな気がしている。イマイチ自信が持てない。プレイリストフォルダは、今まではなかったので、File Station で新しく DataVol1/Public/PlayList を作成した。
    20201030-9.png
  • 設定完了。右下の Finish を押す。
    20201030-10.png
  • おお、来た〜! 今までの設定画面と同じだ。ちょっと感動。「再スキャン」しておく。けっこう時間がかかります。
    20201030-11.png
  • 「インフォメーション」を開くと、楽曲データのスキャンの様子がわかる。
    20201030-12.png
  • Squeezebox Touch の方は、自動的に認識してくれた。サーバの IP アドレスが前と同じなので、再設定は何も必要なかった。ファームウェアがアップデートされた。日本語フォントが消されて、文字化けが起きてしまうため、以前と同様のやり方で日本語フォントを設定。
  • 復活しました!
    20201030-13.jpg

 以前「QNAP 壊れたら音楽サーバどうするんだ?」と心配していたのだが、とりあえず現行機種でも大丈夫だ、ということはわかった。QNAP はそれなりに長持ちすると期待しているので、しばらくは心配なさそう。実は、Mac 上でも SqueezePlay というのを使っている。使い勝手は Squeezebox Touch そのもので、快適です。

20201030-14.png

タグ:音楽 Mac
posted by toshinagata at 15:16| 日記

2020年10月29日

QNAP TS-128A:Time Machine を使う

 QNAP TS-128A 設定のつづき(前回はこちら)。Time Machine を設定するには、HBS3 Hybrid Backup Sync というアプリをインストールする必要がある。

  • QTS デスクトップから App Center を開く。
    20201029-1.png
  • 「バックアップ/同期」から「HBS3 Hybrid Backup Sync」を選んで、インストール。
    20201029-2.png
  • バックアップ先のボリュームに移動させる必要がある。「開く」の右にあるメニューから、「移行先」を選ぶ。
    20201029-3.png
  • 移行先のボリュームを選ぶ画面になるので、DataVol2 を選ぶ。
    20201029-4.png
  • 選択したボリュームにアプリを移行しますか?→ OK
  • 移行が完了したら、開く。最初に「プライバシーポリシー」の画面が出てくる。実は、ここで「同意する」を外して OK しても先に進めるので、外しておく。
    20201029-5.png
  • サービス→Time Machine を選ぶ。「共有 Time Machine アカウントを使用する」をチェック。表示名 TMBackup, ユーザー名 TimeMachine。パスワードを入れて、先ほど HBS3 をインストールしたボリュームを選択する。容量は、「無制限」でもいいのかもしれないけど、念のためボリューム容量 (988 GB) を入れておく。
    20201029-6.png
  • 適用→「AFPサービスが自動的に有効になります」→OK
  • File Station で確認。DataVol2 の中に TMBackup フォルダができている。(Hybrid Backup Sync を DataVol2 に移行してないと、このフォルダができず、後の操作が続けられない。)
    20201029-7.png
  • Mac の環境設定で、Time Machine を開き、「バックアップディスクを追加/削除」を選ぶ。「TMBackup, サーバ TS-128A(TimeMachine).local」を選ぶ。
    20201029-8.png
  • ユーザー名 TimeMachine, パスワード ****(上で設定したもの)を入れる。これで Mac 側の設定は完了。
    20201029-9.png

 今回は、TS-110 上の Time Machine バックアップを書き戻して、その続きにバックアップしてみた。

  • TS-110 に接続していた外付け HDD を TS-128A に接続する。
  • File Station で見ると、"Dev1Partition1" という名前でマウントされている。この中に、Time Machine データのバックアップがある (TMBackup 中の .....sparsebundle というフォルダ)。このフォルダ上で右クリックして、「コピー先/移動先」→「コピー先」を選ぶ。
    20201029-10.png
  • DataVol2 → TMBackup をコピー先として選ぶ。
    20201029-11.png
  • こんな風に、コピー操作が「バックグラウンドタスク」として登録される。(この画面では、他にもいろいろ同時にコピーしているので、たくさんタスクが登録されている。フォルダ→フォルダのコピーなら、タスクは1個となる。)Time Machine のデータは大量にあるので、何時間もかけるつもりで、気長に待つ。
    20201029-12.png

 コピーが完了してから、Mac 側で Time Machine バックアップをスタートさせると、以前の「つづき」でバックアップできた。バックアップ先を新調しても、そのまま継続できるのは、すばらしい。

タグ:Mac
posted by toshinagata at 23:15| 日記

2020年10月28日

QNAP TS-128A を導入

 TS-110 の後継機として、QNAP TS-128A を導入した。最初は TS-230 を考えていたのだが、今回も、1ベイの機種に落ち着いた。2ベイの機種を使って RAID を組んだとしても、結局外付けのバックアップは必要になるので、それなら1ベイで十分でしょう、という考えです。さすがに HDD 3台体制は必要ないだろう。今回も、TS-110 は壊れたけど、外付けの方は生きていた(最初は電源が入らないと思っていたが、Mac につないだら普通にアクセスできた)。

 QNAP の NAS は、立ち上げがけっこう大変なので、それなりの覚悟を持って臨んだつもりだったが、予想以上に苦戦しました(苦笑)。今時の NAS だと当たり前なのかもしれないけど、「ストレージプール」という概念がなかなか理解できなくて、かなり戸惑った。

 後日のために、立ち上げ記録を残しておきます。まず、初期設定。

  • QFinder Pro を使って QNAP を見つける。そのあと、QFinder がいろいろ聞いてくるが、全部拒否して一旦終了する。
  • ブラウザで、見つけた QNAP の IP アドレスを直打ちして、アクセスする。
  • 「ファームウェアのインストール」が表示されるので、「開始」。
    20201028-1.png
  • 3分ぐらいで「NAS は再起動しています……」と出て、カウントダウンが始まる。途中で3回ぐらいビープ音がなる。結構時間がかかる。4分ぐらい?
  • 再起動後、最初と同じ画面になった?→「スキップ」を押す
  • 「QNAP保証サービス」の画面が出た→「×」で消す
  • 「QTSスマートインストールシステムへようこそ」と出る。→「スマートインストレーションの開始」
    20201028-2.png
  • 「NASの名前と管理者パスワードを入力」→適当に入れる
  • 「日付と時刻の設定」→タイムゾーン:GMT+09、インターネットタイムサーバーに同期:jp.pool.ntp.org とする。(ntp.nict.jp だと同期できなかった。理由は不明。)
  • ネットワーク設定の構成→ 家庭内 LAN 内の固定アドレスを入れる
  • クロスプラットフォームファイル転送サービス→ Windows, Mac
  • 概要が表示される。「適用」を押すと、「警告:システムを初期化すると、すべてのドライブデータが消去されます。続行しますか?」と出る。→「はい」
  • 12分ぐらいかかる。NAS が再起動したあと、上で設定した固定アドレスでアクセスし、ログインする。
    20201028-3.png

 次に、ストレージプールの作成。

  • 最初の画面(QTSデスクトップ)から「ストレージ&スナップショット」を選択。
    20201028-4.png
  • ストレージ&スナップショットの概要紹介が出るので、「次へ」で進んでいく。「ストレージ&スナップショットへようこそ」、「ブロックベースのスナップショットによりデータを保護」、「File Station でスナップショットを使用する」、「スナップショットを使用して別の NAS にデータをバックアップ」。
  • 「新規ストレージプール」を選ぶ。
    20201028-5.png
  • 「ストレージプールの作成ウィザード」→「次へ」
  • 「ディスクを選択し、設定してください」→ディスク1を選択、RAIDタイプ=「1つ」。
    20201028-6.png
  • 「アラートの閾値」→ 80%(デフォルト)。容量ギリギリまで使いたい時は、もう少し大きくしてもいいのかも。しかしまあ、こういうストレージは、余裕を持たせて使うものなのだろうな。
    20201028-7.png
  • 以上で設定した内容が表示されるので、「作成」。
  • 「選択したディスクのすべてのデータが消去されます。続行しますか?」→「OK」
  • 「これには数分かかることがあります。お待ちください…」→2分ぐらいで作成完了。次に「新規ボリューム」を選択。
    20201028-8.png
  • 「ボリュームの作成」で、「シックボリューム」を選択。ここがよくわからなかったのだが、「一般的な用途にお勧めします」とあるので、これを選ぶことにした。「静的ボリューム」の方が速いらしいんだけど、NAS に速度はあんまり求めてないし。
    20201028-9.png
  • 「構成」80% の閾値(赤線で示してある)を超えない範囲で、2つボリュームを確保することにする。1つは、普通の共有ボリューム。もう1つは、Time Machine バックアップ専用。あとで「スナップショット機能」を使いたいのだが、Time Machine の方はスナップショットは要らない(Time Machine 自体がスナップショットの集まりだから)。だから、ボリュームを分けておく。
  • 1つめのボリューム (DataVol1) は、容量 1.80 TB とする。この容量は、「Time Machine 用のボリュームが 1 TB」になるように決めた。
    20201028-10.png
  • 設定が「要約」として表示されるので、「完了」。「ボリューム DataVol1 を作成中です」と出る。この間、「初期化中」(2分ぐらい)、「フォーマット中」、「デフォルトフォルダの作成中」、「Multimedia Console のインストール」、「Qsync Central のインストール」、「Malware Remover のインストール」、「最適化中」と続く。5分ぐらいかかった。
  • 作成されたボリュームが表示される。
    20201028-11.png
  • 「作成」を押して、2つめのシックボリュームを 1 TB の容量で作成する。今回は、「デフォルトフォルダの作成中」「……のインストール」はなかった。
    20201028-12.png
  • QTS デスクトップから File Station を開くと、DataVol1 の下に Public と Webフォルダがある。DataVol2 の下には何もない。
    20201028-13.png

 次に、個人用データ領域を作る。

  • QTS デスクトップから、コントロールパネル → 権限設定 → ユーザ
    20201028-14.png
  • 「作成」を選ぶ。
    20201028-15.png
  • ユーザ名 XXXX, パスワード ********(8文字以上が必要), ユーザグループ everyone(デフォルト), フォルダ権限 指定なし(デフォルト), アプリケーション特権 すべてのアプリケーションに無制限にアクセス(デフォルト)
    20201028-16.png
  • 作成→新しいユーザが作られる。
  • File Station で、DataVol1 の右にある ... というアイコンをクリックすると、「共有フォルダの作成」が表示される。
    20201028-17.png
  • フォルダ XXXX を作る。また、「ユーザーのアクセス権限の構成」を開いて、ユーザ XXXX に 「読み出し/書き込み」(RW) 権限をつける。
    20201028-18.png
  • Mac から afp://(NASのIPアドレス)/ にアクセスして、上記のユーザ名・パスワードでアクセスすると、Public と XXXX フォルダが見える。

 とりあえず、共有フォルダの設定まではできた。Time Machine と音楽サーバの設定は後日書きます。

タグ:Mac
posted by toshinagata at 23:53| 日記

2020年10月22日

TS-110 が突然お亡くなりに!

 10年前からバックアップに使い続けてきた QNAP TS-110。Time Machine バックアップだけでなく、SqueezeBox Touch への音楽サーバとしても無休で働いてきた。ところが、最近 SqueezeBox Touch の調子がおかしくて、調べてみたところ、TS-110 が落ちていることが判明した。なんと、電源アダプタがおかしくなっていて、電源が入らない。しかも、TS-110 のバックアップに使っていたバッファローの外付け HDD も電源が入らない。両機器がつながっていたスイッチ付きのタップが挙動不審で、もしかしたらコイツが原因だったかもしれない。理由はともかく、現状で「バックアップ無し」というキケンな状態なので、早急に解消する必要があります。

 緊急バックアップは外付けハードドライブでしのぐとして、長期的にはやはりバックアップ用+音楽サーバとしての NAS を維持したい。QNAP TS-230 が良さそうだけど、SqueezeBox Touch への音楽サーバとするには Logitech Media Server ソフトを自力でインストールしないといけない。これが可能なのかどうか、よくわからない。"QLogitechMediaServer" というのが配布されているのだが、これ TS-230 にインストール可能なのか?

 なお、QNAP を Squeezebox への音楽サーバにすることについて、こういう意見もある。

You could buy a Raspberry Pi, install piCorePlayer, then install LMS. Point the LMS at the music files on the QNAP and hey presto, you can continue using the Touch. This is what I do, and it works very well.

Logitech Squeezebox Forum

 ラズパイのサーバとしての信頼性ってどうなのよ、という話はあるのだが、これはこれで一つの手ではあるな。

タグ:Mac
posted by toshinagata at 00:33| 日記

2020年10月11日

4月10日生まれの芸能人

 どうでもいいっちゃどうでもいい話題なんですが…

木村佳乃はさらに「さだまさしさんも一緒です。濃いですよね」、「堂本剛さんも一緒です」と4月10日生まれの芸能人を挙げた。シンガーソングライターのさだまさしは1952年生まれ、堂本剛(KinKi Kids)は1979年生まれである。

4月10日生まれの有名人は他にも、TBSアナウンサー・小林由未子(1990年)、日本テレビアナウンサー・水卜麻美(1987年)、お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世(1975年)、ミッツ・マングローブ(1975年)、クリエイターの箭内道彦(1964年)、俳優の六平直政(1954年)、ウォーキングドクターのデューク更家(1954年)、漫画家の水島新司(1939年)などがいる。

「木村佳乃、和田アキ子と同じ“4月10日生まれ”を子どもの時から意識」
Techinsight, エンタがビタミン 2020/10/11

 さだまさしさん、水島新司さんは好きですねえ。木村佳乃さんも面白い人だと思う。山田ルイ53世さんは、人に向ける優しい眼差しが好き。苦労人ですからね。文章もうまいし。

 なんでこの記事に反応したかというと、私も4月10日生まれなんですよ。全く関係ないけど。さだまさしさんと同じ誕生日なのは知っていたけど、他の人はあまり認識してなかった。いいメンバーじゃないですか。全く関係ないけどさ。(記事タイトルになっている方のことはあえてスルー)

posted by toshinagata at 19:53| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ