2019年03月24日

コンポストと土つくり

 以前、土つくりの勉強のために、本を読んだ話を書いた。

 この2冊で得た知識をもとに、この1年はコンポストをこういう風に運用していた。

  • 台所の野菜くずを入れる方針は変化なし。
  • 雑草を抜いたものは、天日で乾かして、茶色くなったあたりで投入。(=野菜よりも付着している菌が多いと思われるので、発酵を促進させる)
  • 山砂、バーミキュライトを適宜加えて、よく切り返す。(=砂は、粒子の大きな土を入れることで隙間を作る。バーミキュライトは、保水力・吸着力の改善。)
  • コンポスト容器にある程度内容物がたまってきたら、熟成用の別容器に入れて、1〜2ヶ月放置。ときどき切り返す。

 熟成後の土はこんな風になった。今までとは全く違う。今までは、有機物が分解されてくると、ガチガチの粘土質にだんだん戻っていっていたが、今はさらさらの土になっている。たぶんバーミキュライトの効果は相当大きい(今までも山砂は入れたことがあったけど、ここまでの変化はなかった)。

20190324-1.jpg

 こちらは熟成途中の土。こちらは、まだ山砂・バーミキュライトの投入が不十分なため、粘土のかたまりがごろごろしている。

20190324-2.jpg

 こちらは元の粘土質の土。真っ白で、ただの粘土にしか見えない。これでも、何度か作物を植えたり、コンポスト堆肥を入れたりはしてるんですよ。でも、元の粘土と同じようなものに戻ってしまう。元の粘土(たぶんカオリナイト)は、栄養成分を吸着する力がとても弱いことがわかる。

20190324-3.jpg

 今回、コンポスト作成中に気づいたことがあった。

  • 雑草くずの効果は絶大。気温の高い時期だと、十分に枯らした雑草をコンポストに加えると、翌日は湯気が立つぐらい発酵していることがある。発酵が順調だと温度が上がって湯気が立つ、という話は聞いていたのだが、実感したのは初めて。
  • バーミキュライトをコンポスト容器に投入しておくと、野菜くずが多少水を含んでいても、あまり水っぽくならない。バーミキュライトが水を吸着してくれるからだと思われる。
  • 何度かコンポスト容器に雨が降り込んだことがあった(うっかりフタを閉め忘れていた)。今までは雨が降りこむとすぐにベチョベチョになって、野菜くず投入をしばらく中止していたのだが、バーミキュライトが入っているとそういう状況にはなりにくい。

 土の質は本当に大事。生ごみコンポストの話はネットでいくらでも見つかるけど、単にごみを減らすだけじゃなくて庭土の改良までやりたいのであれば、少しは土のことを知らないといけない、ということがよくわかった。

 熟成完了した土を使って、キンジソウを植えた。畑で去年植えていた場所の土をはがして、代わりに今回作った土を入れ、植え付けた。土の表面を稲わらで覆って、乾燥を防ぐとともに、葉が土に触れて腐ってくるのを防ぐ。

20190324-4.jpg

 去年はキンジソウの芽がなかなか出てこなかったのだが、今年は早かった。3月前半がむやみに暖かかったのが大きいと思う。あと、秋に茎を切って越冬準備したときに、切り口にカルスメイト(切り口の保護剤)を塗って乾燥を抑えたのもよかったのかもしれない。

20190324-5.jpg

 吉田さんの本によれば、野菜類は良い土で元気に育てば、虫もつきにくいそうだ。まだこれを実感したことがないので、今年の結果を楽しみにしている。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 19:45| 日記

2019年03月23日

ナツミカン収穫

 ナツミカン収穫しました。木についていたのを眺めていたときは、まあ30個ぐらいかな、と思っていたのだが、とんでもなかった。

20190323-1.jpg

 今日とった分だけで44個。この他に、いくつか途中で落ちたり先に収穫したりしたのがあったので、全部で50個には達していたと思う。もうちょっと間引いとけばよかったな。こんなにとれたら、来年は少ししかとれないぞ。一昨年は50個越え、去年は15個ぐらい(内容も悪かった)。ほぼ隔年結実になってしまっているので、毎年30個ぐらいに落ち着かせたい。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 21:18| 日記

2019年03月21日

「名古屋何もないよ」問題は解決するのか

 ヨッピーさんの記事。桑名市の PR 記事なので、桑名の話題が多いけど、名古屋とその周辺の話題もある。確かに「名古屋から日帰り圏内」には面白いところがいっぱいあります。

 なんで名古屋民は「名古屋は何もないよ」と言いがちなのか、ということだけど、名古屋民は基本的に「外の人に対するサービス精神」がない。よそから来た人に楽しんでもらう、ということに対して、何の喜びも感じてないように見える。だから、「あれがあるよ、これもあるよ、どう、楽しいでしょう?」なんて、口が裂けても言わない。そんなことは、誇り高い名古屋民としての沽券に関わる、と思ってるんじゃないか。人にサービスするためには、自分を一段下に置かないといけないわけだけど、それが感覚的にしっくりこない。

 そう、名古屋民ってプライドが高いんです。周辺の地域に対して、常に上から目線で見ているようなところがある。ただ、そのことをあまり自覚はしてない。名古屋民はよく「自虐的」と言われるけど、それを「プライドの高さの裏返し」と認識している人はあまり多くないように思う。名古屋城だけは自信を持って紹介するけど、その他のものについては「まあ、お前らが楽しいと思うなら行っとけばいいんじゃね?」ぐらいに思っているんじゃないかな。名古屋市外の「楽しい場所」についてはなおさらのこと。

 名古屋に「ヨソモノ」がもっと入って来れば、状況は変わってくるかもしれませんね。名古屋民の妙なプライドに邪魔されずに、名古屋とその周辺の面白いところを、「お客さんに楽しんでいただく」というサービス精神で紹介できるようになるかもしれない。ただ、その段階に至るためには、名古屋民がヨソモノを「同化することなく」受け入れることができるようにならないといけない。これはけっこうハードルが高いと思う。

タグ:社会
posted by toshinagata at 21:56| 日記

2019年03月20日

4月からのラジオ英語講座

 4月からの英語講座。「高校生からはじめる『現代英語』」。

20190320-2.jpg

 なかなか面白そう。今月の題材は、「第一次大戦終結100年記念式典」「白内障のクマの手術成功」「オゾン層がフロン規制強化で回復」「大谷翔平選手の帰国会見」。内容はけっこう骨があるけど、語彙力をつけるには好適だと思う。こんな文章ですからね。

Veterinarians in Japan have conducted a rare surgery − a cataract operation on a bear.
日本の獣医師たちが珍しい手術を行った − クマの白内障の手術だ。

 もう一つは、「基礎英語3」。げー、また RoboCorpus だ。

20190320-1.jpg

 前にも書いたんだけど、基礎英語3なんとかならないのか。RoboCorpus は特にやめてほしい。とにかく話がぜんぜん面白くない。今年度の基礎英語3の話はわりと面白かったんだけどね。メインターゲットの中学生にとって身近な設定でありながらも、ストーリーの中に地方旅館の再生や国際化の話まで込められていて、広がりがあった。

 とはいえ、講座の内容は相変わらずで、ぜんぜん系統的じゃない。文法事項はいちいち補足してやらないといけない。リスニングの勉強だと思って我慢してやってるけど、効率が悪いことこのうえない。

posted by toshinagata at 23:24| 日記

2019年03月16日

おおさか東線、新大阪〜放出開通!

 今日、所用で新大阪駅を通ったんですよ。そしたら、こんな表示が!

20190316-1.jpg

 おお、新大阪〜放出〜久宝寺が直結してる! なんだこれ、いつからなんだ? と思ったら、なんと今日からじゃありませんか。

 新大阪周辺の鉄道もいろいろ動きがあるようだけど、個人的には十三〜新大阪間の「新大阪連絡線」が実現すると嬉しい。実家(川西市)の両親に、これが開通するまで長生きしてや、と言っとかないかんな。下のはだいぶ古い情報だけど、どうなってるんでしょうかね。

タグ:社会
posted by toshinagata at 20:21| 日記

2019年03月12日

本は読まなくてもいい

 最近、なるべく時間を作って本を読むようにしようと思っている。だけど、「本は読まなくてもいい」?

 私は読書家ではないし、愛書家でもないのだけれども、この感覚には共感できる。ある種の本は、「そこにあるだけで」いい。その本が「いつでも手に取れるところにある」(今は手に取らないけど)、「読みたくなったらいつでも読める」(今は読まないけど)、ということだけで、満ち足りた気持ちになることがある。

 たとえばどういう本か、と問われても、それを書くのは恥ずかしいんだよね。なんか、自分の心のうちを見透かされるような気持ちになるから。恥をしのんであえて書くなら、例えばジョイス/柳瀬尚紀の「フィネガンズ・ウェイク」とか、池澤夏樹編の「日本語のために」とか、グレイの「世界で一番美しい元素図鑑」あたりは、その本を書店で見かけた瞬間に「ああ、これは手元に置いときたい」と感じて、すぐに買ったものだった。

 ちょっと方向性の違う話だけど、中高生のときに買った文庫本とか新書本を大量に処分したのは大失敗だったなあ。「世界史こぼれ話」とか「進化した猿たち」とか、すっかり入手困難になってしまった。文庫本なんていつでも再入手できるような気分になってたけど、とんでもない間違いだったな。

 (えーっと、この記事「読書」タグでいいのか? 全然「読んで」ない話だけど。)

タグ:読書
posted by toshinagata at 22:33| 日記

2019年03月02日

ウメの花・ナツミカンの実

 ウメの花、ほぼ満開です。ちなみに、写真は Zenfone 5 で撮影しました。

20190302-1.jpg

 一昨年の初夏に植え替えて、昨年から咲き始めた。手入れを勉強しようと、NHK 出版の「趣味の園芸:作業12か月、ウメ」を入手して、参考にした。初夏には芽かきをして、葉が落ちた後に枝を切って形を整えた。庭木の剪定については、ネットで調べてもいろいろ記事が出てくる。けれども、やはり一人の著者が一冊の本にまとめたものの方が、体系的な知識が身につくように思う。

 ナツミカンの実も、立派に大きくなっております。

20190302-2.jpg

 去年は途中でいくつも落果してしまったのだが、今年は今のところ落ちたのは1個だけ。その1個をむいてみたら、これがおいしかったんですよ。少し酸味は強いが、果汁がたっぷり入って、味も濃かった。夏場にたくさん水をあげたのがよかったんじゃないかな。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 22:57| 日記

2019年02月24日

JUJU「ミライ」のアレンジ

 先日のミュージックステーション。録画したのを家族がときどき早送りしながら見ているのを何となく聞いていたら、JUJU の「ミライ」が耳に入ってきた。えらくアレンジが凝っている。「ミライ」の MV をあとで聞いてみたけど、全然違ってました。MV のアレンジはごく普通。Mステのアレンジはコードの選択が個性的だった。

 以前、同じミュージックステーションで JUJU が「いとしのエリー」をカバーした時に、アレンジの独特さに唸らされたのだが、その時と印象がよく似ている。「いとしのエリー」でバックを担当していたのは、ギターの石成正人さんとピアノの川口大輔さんだったそうです。石成さんのブログ川口さんのブログにそれぞれ書いてありました。アレンジを担当したのは石成さんとのこと。今回も石成さんのアレンジだったのかな。

 アレンジって大事だと思うんだよね。作詞・作曲だけじゃなくて、編曲者の名前も出して欲しい。力のあるアレンジャーに、もっと光を当てて欲しいと思う。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 00:53| 日記

2019年02月17日

Nexus 5 から ZenFone 5 へ

 5年間使った Nexus 5 が2回目の電池交換時期を迎えた。これはそろそろ買い換えた方がいいかな、と判断して、ZenFone 5 (ZE620KL) を買いました。IIJmio の割引で、税込 52,704 円。「そのカメラは、知能を持つ」って…別にスマホに知能は求めてへんけどな。

20190217-4.jpg

 箱、本体、付属の透明ケース。このケースを付けないと、持った時に手から滑り落ちそうになる。

20190217-1.jpg

 Nexus 5 と、幅はほぼ同じで、高さが大きくなった。

20190217-2.jpg

 厚みは少し減ったかな。Nexus 5 の電池が膨らんでいるせいもあるけど。

20190217-3.jpg

 移行は思ったより手こずりました。まず、ネットでよく紹介されている JSBackup で Nexus の中身を Google ドライブにバックアップした後、ZenFone で復元しようとすると、こんなエラーが出る。

20190217-5.png

 解決方法をいろいろ探ったけど、どうしてもわからなかった。JSBackup での移行は断念して、手動で移行することにした。

  • アプリを1つずつ再インストールする。5〜6個しかないので、これは大した手間ではない。
  • カレンダーと連絡先は DAVdroid(今は DAVx5という名前になっているみたい)で同期。
  • LINE のトーク履歴と Chrome のブックマークは、それぞれのアプリ中で Google ドライブに保存して移行。
  • 写真の移行に案外手こずった。Google フォトの使い方がよくわからん。結局これも、Android File Transfer を使って手動で移行することにした。

 Android File Transfer がまたくせ者だった。Nexus の時は、端末をアンロックして Mac につないだら自動的に認識してくれたのだが、ZenFone では本体側でこんなメッセージが出る。

20190217-6.png

 このとき、Mac 側はこうなっている。ZenFone 側で「はい」を選んでもこのメッセージは消えないので、結局 Mac 側でいったん Android File Transfer を終了して、再度立ち上げる必要がある。何この二度手間!

20190217-7.png

 一応電話・GMail・LINE のやり取りはできることを確かめたので、移行は完了とする。できれば5年使いたいが、電池寿命が持つかどうか。

タグ:スマホ
posted by toshinagata at 11:54| 日記

2019年02月15日

Facebook 休止中

 最近、Facebook を見るのをやめています。Raspberry Pi のユーザーグループとか、FMIDIRBN グループとか、興味深い情報も流れてくるのですが、それ以上に広告が流れてくることが多くなった。しかも、つまらない煽りニュースサイトの広告なんかがやたらと表示される。もう潮時かな、と思った。

 もっと積極的に自分から発信したり、友達をたくさん作ったりするのが、正しい Facebook の使い方なんだろうけど、結局発信したいことがあったらこっちに書いちゃうんだよね。SNS ってあんまり自分には合ってないんだな、と思う。まあ、最初からわかってはいたけど。

 特に嫌なことがあったわけではないので、アカウントはそのままにしておく。一応通知用のメールはチェックしているので、よほど面白そうな投稿があったり、ダイレクトメッセージが来たりしたときだけ見に行く格好かな。

タグ:SNS
posted by toshinagata at 23:47| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ