2018年09月08日

道徳教育は哲学教育

 最近、中学生の坊がこの本を読んでおります。「おもしろい」そうです。いいチョイスだよね(図書館で借りてきたのは妻だけど)。なんとなく、小言を言った時のヘリクツに磨きがかかってきたような気がするのは気のせいか。

 そんなことがあった後に、下の記事を読んだ。

 いろいろ問題点が指摘されている道徳の「教科化」、なんでこの人は賛成してるんだろう、と思って読んでみたら、こういうことだった。

 文部科学省は、これからの「特別の教科道徳」は、「考え、議論する道徳」であるべきだと言っています。結構なことでしょう。だったら、私たちは、仰せのとおり、「道徳」の授業で、それを「考え、議論する」べきです。「自由」とは何か。「国家」とは何か。「民主主義」とは何か。これらを、論理的に、「考え、議論する」べきなのです。

 つまり、実は教科としての「道徳」とは、本来、「哲学」と同義であるということです。

 そういう見方があったのか。確かに、「道徳」の授業で実際にやることといえば、いろいろな状況を設定して「こんなとき、君はどうする?」と考えることである。それは哲学であると言えなくもない。ただ、今の学習指導要領に書かれている「道徳」の到達目標は上のようなものとはかけ離れているし、今後も近づくことがあるとは思えない。現場の先生が道徳の時間で「国家とは何か」を考えさせるとしたら、ずいぶん気骨のある先生だと思うけど、そういう授業はなかなか難しいんじゃないですかね。

 しかしながら、「考えない」ことが氾濫しているこの世の中で、「哲学にもっと注目すべきだ」という声が徐々に高まってきているのは、意義あることだと思います。ある意味、「文系学部なんてつぶしてしまえ」という(乱暴な)考え方に対する文系学者の反撃なのかもしれないけど、そういう反撃はどしどしやってもらいたい。

タグ:教育 社会
posted by toshinagata at 01:14| 日記

2018年09月03日

AYNiMac さんに捕捉されていた

 ここ数日、アクセス数が1日あたり+10ぐらい増えていて、何だろうなと思ったら、AYNiMac さんに捕捉されていました。ありがとうございます。Homepage@nifty で運営していた頃は Mac 系のアンテナサイトにいくつか捕捉してもらっていたんだけど、LaCoocan から独自ドメインへと2回引っ越しした時に全部切れてしまった。その間に、こちらは Mac 系のサイトでもなくなってしまった。現在のアクセスログを見ると、主なお客さんはラズパイネタを見に来ている人のようです。

 最近は「アンテナサイト」というと、いわゆる「まとめサイト」のまとめ、みたいなものを指すみたいですね。私の知っているような「アンテナサイト」はもう終焉なのかな。巡回するサイトは決まっているので、ブックマークに入れておけばいいようなものだけど、やっぱりアンテナが更新を教えてくれると便利なんだけどな。

タグ:ブログ
posted by toshinagata at 23:55| 日記

2018年09月02日

LÖVE (Love2D) 実践編「さめがめ」:つながったコマを表示

 LÖVE (Love2D) ページ「実践編『さめがめ』:現在位置・つながったコマを表示」を公開しました。上下左右に連続したコマは、再帰関数を使って探索します。

20180902-1.png

 このページ、一応ターゲットとして想定しているのは「Scratch は卒業したけど、次に何をしたらいいのかよくわからない」人のつもり。たとえば「子供の科学」の「ジブン専用パソコン」を持て余している人(絶対いると思う…)、とかに届いたらいいのにな、と思っています。もう少し説明を丁寧にして、親しみやすいスタイルにしないと、ハードルが高すぎるかも知れない。今はとりあえず、自分にとって楽に書けるスタイルで、内容を充実させることを優先させています。

 個人のゲーム作者さんで、Love2D を使ったというインタビュー記事を見つけたので、貼っておきます:「電話を通じて夢世界をさまようADV『Strange Telephone』はなぜ作り直しになったのか? yuta氏が語る個人制作の苦悩とこだわり」(Automaton)。2017年1月の記事で、現在は Unity に移行されたようですが。

posted by toshinagata at 23:03| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ