2020年08月31日

「エーゲ海の祭典」序曲

 Andreas Makris 作曲の "Aegean Festival Overture"(「エーゲ海の祭典」序曲)という曲があります。アメリカ海兵隊軍楽隊の演奏でどうぞ!

 昔、吹奏楽でやりました。この曲すごく好きなんです。もっと知りたいなと思って、ある時期ネットでいろいろ調べたんだけど、ぜんぜん情報がなかったんですよね。もう忘れられた曲なんかなあ、と残念に思っていました。ところが、"Wind Repertory Project" (WRP) で、しっかり紹介されている。どういう経緯で作曲されたかもちゃんと書かれている。

This piece was written in 1967 as an orchestral overture for the Washington National Symphony and was premiered by that group under Howard Mitchell a year later at Constitution Hall. Its immediate success then and on tour occasioned the collaboration between Makris and Albert Bader of the U.S. Air Force Band to arrange the overture as a concert piece for band.

"Aegean Festival Overture", The Wind Repertory Project

 さらに、作曲者の Andreas Makris 氏のウェブサイトも見つかった。氏は 2005 年に他界されたが、その作品を紹介するためのウェブサイトが運営されている。

20200831-1.png

 オーケストラ原曲のスコアを見たいと思っていたのだけど、それはさすがに無理かな、と思いきや、なんと "DOWNLOAD" のタグが IMSLP へのリンクだった! つまり、著作権者が許可を与えて IMSLP からダウンロードできるようにしている、ということ。これは素晴らしい……

20200831-2.png

 手書きのスコアと、浄書したスコアがあります。浄書した方は、移調楽器が実音で書いてあるとか、なんかいろいろ変なので、手書きの方がよいです。非常に読みやすく、丁寧に書いてあります。

20200831-3.png

 スコアを読んでみると、Bader 編曲の吹奏楽版といろいろ違う点が見つかりました。吹奏楽版のスコアは手元にないので、記憶に頼っていますが、上の YouTube の吹奏楽版が記憶と一致していたので、間違ってはいないはずです。

 まず、練習番号8の 15〜16 小節目で、弦が同じフレーズを繰り返している。編曲版では、2回目が省略されている。ページの切れ目なので、作曲者がうっかりしていたのかもしれない。

20200831-4.png

 練習番号11から、「5/8 2小節+2/4 1小節」の交代になるが、原曲では2回ずつ同じ音程で繰り返している。編曲版では、繰り返しが省略されている。原曲通りだと、少しくどいかもしれない。

20200831-5.png

 練習番号13の7〜10小節、6/8+4/4 が1組省略されている。

20200831-6.png

 このあとトランペットに高い D が要求されるんだけど、弦パートを押し付けられてるのかと思ったら、原曲でもトランペットだった。Makris 先生キツいっすねえ。

20200831-7.png

 このあとクラリネットのカデンツァがあって、中間部に入る。中間部は、原曲ではバスーンの無伴奏ソロで始まり、次に打楽器の伴奏でイングリッシュホルンが同じフレーズを繰り返し、さらに弦のピチカートの伴奏でフルートが確保・展開する。編曲版では、最初のバスーンのソロに打楽器の伴奏をつけて、その次がフルートになる。つまり、2回目の繰り返しを省略。

20200831-8.png

 このあとも、要所で繰り返しが省略されていて、緊張感を高めている。上の紹介文でも "the collaboration between Makris and Albert Bader" とあるから、作曲者も了解の上で手を入れた、と考えられる。

 アメリカの大学バンドでは相当頻繁に演奏されているようだけど、日本ではどうなんでしょうかね。最近は日本人作曲家が素晴らしいオリジナル作品をたくさん発表しているから、古い曲は出番がないのかもしれない。目を向ける価値がある曲だと思いますけどね。

タグ:音楽
posted by toshinagata at 21:01| 日記

2020年08月30日

The Wind Repertory Project

 The Wind Repertory Project。吹奏楽の楽曲紹介を集めたサイト。こんなのあるの知らなかったよ。びっくりした。

20200830-1.png

 何がびっくりしたって、私の "Ecliptic""Sonatine for Woodwind Quartet" がエントリーされてるんですよ。

20200830-2.png

 何者かもわからん作者の作品を入れてるぐらいだから、よっぽど玉石混淆なんだろうな、と思ったら、どうもそうでもない。全員見たわけじゃないけど、周りはどうもちゃんとした人ばっかりで、経歴不明の人物はあんまり入ってないみたいです。けっこうびびってます。

20200830-3.png

 まあそれはそれとして、このページ、いろいろ面白い。管理人は Nikk Pilato さんという方で、インディアナ州立大学の音楽の助教授、かつ同大学吹奏楽団などの指導者だそうです。ブログもあるんだけど、エントリーはあまり多くありません。けっこう詳細に楽曲の分析をやってあったりして、面白い。もっと書いてほしいな……と思いつつ、それが飯の種なんだからタダでは出せんわな、と考え直す。これなんて、珍しい曲の紹介ですよ。レスピーギがオリジナルの吹奏楽曲書いてたなんて知ってました?

20200830-4.png

 これも面白かった。吹奏楽の曲当てクイズ。

How good a grasp do you have on the wind band repertoire? Test yourself on your knowledge of it by identifying these...

The Wind Repertory Projectさんの投稿 2020年4月10日金曜日

 50曲中5曲だけわかりました。私がリアルに吹奏楽に関わってたのってほんの数年間だから、まあこんなもんだろうな。

  • 4:33 Second Suite: 2. Song Without Words, 'I'll Love My Love' (Holst)
  • 7:41 Music for Prague 1968: 4. Toccata and Chorale (Husa)
  • 7:57 Symphony in Bb: 1. Moderately fast, with vigor (Hindemith)
  • 10:50 Lincolnshire Posy: 3. Rufford Park Poachers (Grainger)
  • 11:21 Suite Française: 2. Bretagne (Millhaud)
タグ:音楽
posted by toshinagata at 00:36| 日記

2020年08月26日

3Dプリンタ:Marble Run のモータ化

 Marble Run = 玉転がしのモータ化、一応できました。ぜんぜんスムーズに動かなくて、しょっちゅう止まるので、あまりいい出来とは言えないけど。

20200827-1.jpg

 まず、台座と、動力伝達のギヤ類です。

20200827-2.jpg

 こんな風に組みます。

20200827-3.jpg

 先日作ったギヤ部分を持ってきます。

20200827-4.jpg

 モータの回転軸とギヤをはめこみます。軸とギヤの穴は正方形に加工してある。

20200827-5.jpg

 台座にはめこんで固定します。

20200827-6.jpg

 フタをはめこんで、ギヤボックス周りは完成。

20200827-7.jpg

 玉転がし側のパーツです。トラック(青いやつ)は、高解像度でプリントし直しました。

20200827-8.jpg

 ギヤとトラックをはめ込みます。矢印で示したところと、正反対の側とに、ツメと切り欠きを作ってあります。

20200827-9.jpg

 玉を持ち上げる「らせん」を挿し込む。写真ではわからないけど、ギヤの下側に軸がはみ出します。

20200827-10.jpg

 軸受になる部品をはめる。

20200827-11.jpg

 手回しの部品をはめる。モータで回すから要らないはずだけど、現実にはしょっちゅう止まるので、むりやり回すのに必要です(苦笑)。

20200827-12.jpg

 台座にベアリングを入れる。といっても、トラックに転がすのと同じ玉を入れるだけです。

20200827-13.jpg

 トラックをはめこんで完成。

20200827-1.jpg

 このあともう少し追い込んでみたけど、結局あまりスムーズに回るようにはならなかった。一から設計をやり直した方がよさそう。3Dデータを公開する価値はないかな……。

posted by toshinagata at 23:37| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ