2018年09月30日

ドラゴンズ岩瀬投手引退

 今年は、長くプロ野球界に貢献した選手がたくさん引退していく。その中でも、やはりドラゴンズ岩瀬仁紀投手の存在感は格別だ。

 1998年入団。翌1999年の開幕戦(対カープ)でいきなり起用される。しかも、1点リードの二死二塁、打者前田智徳というとんでもない場面。結局、前田・江藤智・金本知憲に3連打されて逆転を許し、降板。しかし、ルーキーがこの場面で起用されるのは首脳陣の信頼の証である。実際、2日後のカープ戦で再び起用され、今度は無失点に抑える。結局、この年の65登板はリーグトップ。なお、あまり知られていないが、この年にドラゴンズがリーグ優勝を決めた試合の勝利投手は岩瀬だった(同点の7回に登板して1回を抑え、その回の裏にドラゴンズが決勝点を挙げた)。

 2000年、10/8 に公式戦唯一の先発登板を果たす(7回無失点で10勝目)。公式戦の先発登板はこれだけだが、落合監督時代には、ナゴヤドームでのオープン戦初戦で1イニング限定の先発を務めるのが慣わしだった。監督曰く、「うちは岩瀬で始まって岩瀬で終わる」。

 2007年、野球好きな人なら誰もが忘れない、日本シリーズ第5戦での登板。8回まで走者を出さなかった山井大介の後を受けて9回を任される。さすがの岩瀬も足が震えたという。この交代は、落合監督の指示とされていたが、森繁和投手コーチの進言によるものと、森氏自身が明らかにしている(「今だから話せる落合竜の真実」森繁和・二宮清純、現代ビジネス 2012/04/26)。また、山井投手は8回終了時に「どうする?」と森コーチに聞かれ、「代えてください、お願いします」と答えたという(「未完の完全試合。山井大介『決断』の理由」阿部珠樹、Number Web 2008/04/03)。山井投手も、森コーチも、落合監督も、「あの場面の岩瀬はすごかった」と口を揃える。岩瀬投手自身も、セーブ数の日本記録を達成した時に、最も記憶に残るセーブとしてこの試合を挙げている。公式戦とは別記録だから、日本記録の数には入っていないのだけれども。

 そして先の 9/28、今季限りの引退を表明した岩瀬投手が、9回1点リードの場面でリリーバーとして起用された。この試合が通算 1000 試合目の登板。1死球を与えたものの、後続を断って 407 個目のセーブを記録した。なんと美しい、稀代のリリーフエースにふさわしい完璧な終わり方じゃないか。

 と思ったら、翌日浅尾拓也投手の引退試合につきあって、「浅尾→岩瀬」の黄金リレーを再現してくれたよ。藤浪投手にヒットを打たれてなんだかミソがついちゃったけど、むしろ好感度が上がった。いわゆる「野球エリート」じゃない岩瀬投手には、ちょっと人間臭い、ほっこりした終わり方が似合っている。本人は「本塁打を打ちたかった」と言っているらしい。ドラゴンズはあと2試合残しているから、もう1回ぐらい勇姿を見られるかも知れないね。代打でどうですか、森監督?

タグ:野球
posted by toshinagata at 18:24| 日記

2018年09月27日

覚せい剤を作る大学生なんてすごくも何ともない

 爆薬を作って逮捕された学生が、覚せい剤も作っていたと報道されています。それを受けて、こんなことを言っている方がちらほら…

 覚せい剤を自宅で作った、ということで、何か「化学の天才的な才能を持った若者が、ついうっかりダークサイドに堕ちてしまった(だから社会はその才能を生かすべき)」みたいなイメージを持たれているのかもしれないけど、ぜんぜんそんな話じゃないですよ。普通の高校の化学部にいる程度の平凡な化学の能力に、禁じられた行為をすることで目立ちたいという残念な承認欲求と、倫理観の完全な欠如とが合わさって、起きてしまった事例です。単に、「化学の知識を持っている人なら誰でもできるけど、普通は自制してやらない」ことを、平気でやって、法に触れてしまっただけのことです。公道を 200 km/h で飛ばしてスピード違反で捕まった DQN と大して変わりません。

 こんな DQN を持ち上げなくても、化学・工学に広く通じた有能な人なんて、世の中にいくらでもいますよ。「メイカーズ」界隈には見当たらないかもしれないけど、住んでいる世界が違うだけのことです。メイカーズ界隈の方々には、DQN は放っておいて、ちゃんとした化学分野の人にアプローチして欲しいと思いますね。

タグ:社会
posted by toshinagata at 22:29| 日記

2018年09月24日

子供の立体作品を三次元写真で保存する

 中学の美術部に所属している坊が、友人と共同でジオラマを制作したんですよ。

20180924-1.jpg
写真の解像度はわざと落としてあります。

 よくできているので、「万一保管できなくなったとしても、写真にとっていつでも見られるようにしておこう」と思った。いろいろな角度から写真を撮って、ぐるぐる回して見られるようにすればいい。昔 QuickTime VR のデモでそんなのを見たことがある。今のコンピュータの能力なら、楽勝だろう。

 そう思って調べ始めたのだが、意外にも、これを実現する方法がなかなか見つからない。「三次元 写真」で検索しても、見つかるのは「自分を中心に周囲の空間が三次元で見られる方法」か「3D プリンタの入力データを写真撮影で作る方法」のどちらかで、「立体を三次元的に見られる方法」はついに発見できなかった。なんで? こういうニーズって世の中に存在しないの?

 仕方がないので、ええ、作りましたとも。こんな感じ。現物はこちらにあります。

20180924-2.png

 写真の撮り方は以下のとおり。まず、テーブルの上に回転台(サンワサプライ製品)を置き、その上にジオラマを載せる。はみ出している部分には、ダンボールの支えをはさんでおく。テーブルから少し離して三脚を立て、水平より少し下向きの角度にカメラを固定する。

20180924-3.png

 回転台を15度ずつ回しながら、写真を撮影する。最初は分度器で角度をいちいち測りながら回していたが、途中で坊がこんな治具をダンボールで作ってきて、作業が劇的に楽になった。

20180924-4.png

 一周分撮影したら、カメラの角度を変える。ジオラマ中心からの距離を一定に保ち、三脚を少しテーブルに寄せ、カメラの位置を高くする。距離・高さは三角関数で計算する。今回のセットアップでは、水平方向から65度立った角度まで撮影した。

20180924-5.png

 あとはソフトウェアで頑張る。一枚の画像の中の拡大・視点の移動は簡単だが、回転が難しい。中心が原点なら単に視点が違う画像を選べばよいが、問題は回転前に拡大・視点移動が起きている場合。結局、回転の中心を定義することは原理的にできないので、妥協するほかない。

「回転の中心」は画面の中心であるべきだが、カメラから画面の中心に向かう直線上のどの点が画像の中心点なのかが決められない。これを厳密に決めようと思うと、それぞれの画像について、写っている物体のカメラからの距離を情報として持たなくてはならなくなる。

 一応できました。JavaScript の setCapture() が IE, Firefox 限定だとか、タッチデバイスの対応はマウスとは別だとか、いろいろ落とし穴はありましたけどね。

posted by toshinagata at 17:59| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ