2020年01月11日

河村尚子さんのベートーヴェン

 新聞の「新譜」のところで見つけて、即買いました。新譜は Vol.2 だったので、Vol.1 も一緒に。

20200110-1.jpg

 Vol.1 は No.4, No.7, No.8(悲愴), No.14(月光)。Vol.2 は No.18, No. 21(ワルトシュタイン), No.23(熱情), No.24(テレーゼ)。有名どころを2曲ずつ入れて、残り2曲がなかなかに渋い選択です。

 とりあえず Vol.2 を先に聴いてます。No.18, No.21 はとにかく「切れ味の良さ」を追求しているように感じた。ノンレガートがとても印象的。もともと、No.21 と No.23 は中期ソナタの「2大巨頭」としての存在感があるためか、No.21 は「重厚さ」のイメージが自分の中では先行していた。しかしこの演奏では、特に第1楽章はペダルをほとんど使わない、軽やかな味わいになっている。一方、序奏+ロンドの第2楽章は、ペダルをたっぷり使って響きを残している。といっても、ピアノを全部鳴らし切るような演奏じゃなくって、どこか余力を残しているような音使いだった。

 考えてみると、これと同じプログラムで河村さんはコンサートをやっていたわけだ。後半の No.23 にクライマックスを持っていこうと思うと、前半の No.21 であんまり力一杯鳴らしてしまうと聴き手は疲れてしまうかもしれない。そういうことも想定した上でのこの表現だったのかもしれないな。

 後半の「テレーゼ」。これは第2楽章が独特ですね。河村さん自身がライナーノートのインタビューで語ったところによると、「装飾音符的に弾いた」とのこと。これはツェルニーの残したコメントによるもので、過去の録音ではシュナーベルの弾き方が近いそうです。こんな表現あるんだな、と思った。楽譜にするとこんな感じ。

20200110-2.png

 「熱情」はわりとオーソドックスな解釈だった。といっても、情熱に任せて弾き散らすのではなく、どちらかというと熱を内に秘めているような演奏。技術的におお、と思ったのは、第2楽章。細かいところだけど、5小節の sfp がきっちり sfp になってるんですね。どうやってるんだろう。ハーフペダルで音を削っているのかな。

20200110-3.png

 同じ第2楽章の第3変奏がきっちりインテンポなのも印象に残った。つい速く弾きたくなるところなんだけどね。

20200110-4.png

タグ:音楽
posted by toshinagata at 00:19| 日記

2020年01月03日

プロコフィエフのピアノソナタ6:第4楽章

 プロコフィエフのピアノソナタ第6番第4楽章、DTM でやってみました。

 実はこの年末は精神的に相当参っていた。なんとかして気力を呼び起こさないと、どこまでも気持ちが沈んでいきそうだった。人に会いたくなかったので、義実家・実家への帰省をキャンセルして、この曲を打ち込んでいました。だいぶ気持ちが持ち直してきたと思う。

 この曲には、弾きにくいところがいろいろある。中でも筆頭は、最後の2ページぐらいでひたすら続く、このフレーズだろう。(譜例は IMSLP 掲載の Kalmus 版による。以下同様。)

20200103-1.png

 音楽というより、もはやただの音響効果みたいになっている。手を大きく広げた状態で、厳しく鍵盤を叩き続ける。がちゃがちゃした騒音の中から、アクセントの三連符が浮き出て聞こえないといけない。これが21小節間続いた後、ファンファーレのようなこのフレーズ。両手とも単音で、fff を出せと?!

20200103-2.png

 最後の2小節もめっちゃ弾きにくいですよね。両腕をいっぱいに広げて ff。体重を乗せることが難しい。体が小さいピアニストには鬼門だよなあ。

20200103-3.png

 DTM では「弾きにくさ」は関係ないけど、その代わり「音が鳴り切らない」のが不満のタネになる。ペダルを踏んでも、安い音源だと単に音が長くなるだけだから、「響き」がプラスされない。とはいえ、いい音源を追い求めるとどんどん深みにはまってしまうので、おいそれとは手を出せません。身の丈にあったところで楽しむしかないですね。

 今回は「ヴェロシティのレンジをなるべく広く使う」というのをテーマにしてみた。だいたい、制作したものをあとから聴くと平板に感じることが多いので、これを何とか打破できないかと。冒頭の p はヴェロシティ 40 ぐらい、最後の ff は 120〜126 です。あんまりダイナミックレンジが大きすぎると不自然になる。どれぐらいが許容範囲なのか、まだまだ研究が必要です。

タグ:音楽 DTM
posted by toshinagata at 14:47| 日記

2019年12月30日

Knuth 先生の「π」レクチャー

 Donald Knuth's 2019 'Christmas Tree Lecture' Explores Pi in 'The Art of Computer Programming'。いろいろ驚いた。

 まず、クヌース先生がまだご健在で、今年のスタンフォード大学の「クリスマスツリー・レクチャー」に登場されたということ。それから、πの数字を暗記するための英語の文章の話。「暗記するための文章」とは、文中の単語の文字数を数えて並べるとπの近似値になる、というものです。たぶん最もよく知られているのは、以下の文。

Can I ride a horse? Certainly! Of Course!

訳:僕が馬に乗れるかって? 当然だろう! もちろんだよ!

 各単語の文字数を数えると、3.1415926 が得られる。もう少し凝ったものが、上の記事にも出てくる次の文。この文は、3.14159265358979 までを含んでいる。

How I need a drink − alcoholic, of course − after the heavy lectures involving quantum mechanics.

訳:量子力学の厄介な講義の後には、ドリンクが一杯(もちろんアルコールの入ったやつ)欲しいよねえ。

 クヌース先生も紹介しているが、確かこの文章はマーチン・ガードナーの数学コラムで読んだ気がする。そのコラムは、「幸いにも、πの33番目の数字はゼロである。だから、この種の文章を作る試みは、あまりに長くなり過ぎる前に終わりを迎えることができる。」(うろ覚えだけど)という風に結ばれていた。

 ところが、この話はそのような終わりを迎えなかったんですね。マイケル・キース(数学者)の "Not a Wake" という小説(?)。これはπの最初の 10000 桁を表すように書かれている。数字 "0" は 10 文字の単語で、また "11" という並びは 11 文字の単語で表している。

20191230-1.png

 書名もπになっていますね。"Not a Wake − A Dream Embodying π's digits fully for 10000 decimals" = 3.14159265358。いやーすごい。こういう試みにエネルギーを費やす人って、日本にはなかなかいない気がする。長手数の詰将棋を作る人とかがそれに近いかなあ。あと、Excel でマリオを再現している人とか。ちょっと違うかな。

タグ:科学
posted by toshinagata at 10:53| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ