2018年01月08日

WIMAXIT ラズパイ8インチ HDMI モニタ 1280x800

 ラズパイ用の8インチモニタで、1280x800 が表示できるものを Amazon で買った。8,999円。


中国からの発送でした。1/4に発注して、1/8に到着。思ったより早かった。中国からの発送は FedEx で、国内配送は日本郵便。


簡素な梱包だが、特に問題はなかった。


本体はこんな感じ。一応組み立ててあるが、保護シートをはがすのに一旦ネジを外してばらす必要がある。


裏面。真ん中にあるのがコントロール基板、その横はボタン類だが、電源ボタン以外は使わないかな。


付属品。アクリルの脚、短いHDMIケーブル、液晶拭きの布、micro USB ケーブル。


コントロール基板を覆っているアクリルの保護板を外す。


スペーサの位置をラズパイ基板の取り付け穴に合わせてあるのだが、残念ながら M3。ラズパイ基板に無理やり M3 ネジをねじ込んで固定した。スペーサを M3/M2.6 の異径にしておいてくれたら満点だったのだが。


ケーブルを装着。コントロール基板には micro USB 端子が2つあるが、HDMI 端子に近い方が電源。


電源は「Anker 24W 2ポート USB急速充電器」を使う。このディスプレイの良いところは、電源が 5 V (2 A) である点。12 V だと AC アダプタが2個になってかさばる。この充電器は 2.4 A 2ポートで、ラズパイ3にはギリギリかも。


電源ボタンは裏面ボードにある。


起動画面。


ラズパイ3を立ち上げてみました。config.txt に次の記述を書き込んでおく。

hdmi_group=2
hdmi_group=87
hdmi_cvt=1280 800 60 6 0 0 0

GUI が立ち上がった。表示は細かいが、老眼でもギリギリ読めるレベル。つい画面に手を伸ばしたくなるが、タッチパネル機能はないので、念のため。


ずっと塩漬けになっていた「パソコンミニ」がようやく日の目を見ました。パソコンミニ本体からラズパイ A+ を取り出してこのディスプレイに接続し、立ち上げ。


MZ-80C エミュレータの動作も確認できた。


 やっと動くようになったので、Smile BASIC で何か作ってみたい。

タグ:Raspberry Pi
posted by toshinagata at 17:45| 日記

2018年01月07日

CCさくら、クリアカード編スタート!

 来ましたよ!

 早起きして正座して見た(うそ、正座はしてない)。絵も声も違和感ないですねえ。18年ぶりというのに、声優さんたちほんとプロだな。

 アニメイトでは、さくら役の丹下さんとケロちゃん役の久川さんのロングインタビュー。現場の仲良さが伝わってきますね。

 注目していたのは、坂本真綾さん作詞・水野良樹さん作曲のOP「CLEAR」。これまでの CCさくらの歌は、ウェットな感じがどこかにあったんだけど、今回のは「透明感、疾走感」が前面に出ている。坂本さんは「プラチナ」も歌っていたし、劇場版第2作では重要な役で出演していたから、「さくら」の雰囲気をよく知っているんでしょう。水野さんもいい仕事してますね。Bメロから始まって、Aメロに入る前の間奏でちょうどタイトル画面が出てくる。菅野よう子さんの「プラチナ」は複雑に転調していたけど、「CLEAR」は下属調と平行調に行くぐらいで(水野さんの十八番)、割合シンプルな音使いだった。

20180107-1.png

(著作権保護のコンテンツなので、YouTube 本体での視聴になります)

タグ:アニメ
posted by toshinagata at 09:50| 日記

2018年01月04日

宇都宮ライトレール構想

 「宇都宮LRTの目玉は何か、不安は何か 」(土肥義則、ITmedia ビジネスオンライン、2018/01/03)。LRT(ライトレールトランジット)とは、次世代の軌道系交通システムのこと。要は路面電車だが、低床化車両を導入してバリアフリーに対応したものを特にこう呼ぶようだ。日本で最も有名なのは富山ライトレール。また、広島電鉄も、車両の低床化を進めていることで、LRT の導入事例として紹介されている(出典:日本交通計画協会:LRT)。

 宇都宮の事例で特徴的なのは、従来路面電車がなかった道路に LRT を敷設しようとしている点。住んでいる人は「電車が身近にある」イメージを持っていないだろうから、心理的なハードルは相当高いだろうな。宇都宮市が公開している LRT の紹介ページを見ても、市への公開質問状が何度も提出されている。

 以前にも書いたことがあるけど、「路面電車のある街」というのは、市民が「自家用車を使わない不便」を受け入れた上で成り立つものだと思うんですよ。現状の交通量、街の構造、市民の気質、そういったものが全部整わないと実現は難しい。また、国土交通省のページを見ても、上記宇都宮市のページを見ても、LRT の導入は「コンパクトシティ構想」とセットになっているようだけど、コンパクトシティ構想そのものが無理筋だったという考え方もある(「コンパクトシティはなぜ失敗するのか 富山・青森から見る居住の自由」庄司里紗、Yahoo! ニュース 2016/11/08 配信)。また、自動運転が普及すれば、路面電車を含む公共交通機関の整備は意義を失うという見方もある(「路面電車を残した地方都市の共通点」中井彰人、ITmedia ビジネスオンライン 2017/09/20)。宇都宮の事例がどうなっていくのか、興味を持って見守っていきたい。

タグ:社会
posted by toshinagata at 20:11| 日記