2020年01月26日

ナツミカン剪定プラン

 今年はナツミカンの実が5個しか生らなかった。隔年結果が年々激しくなっている。2013年に植えて、2015年に3個、2016年に19個2017年に50個2018年に15個2019年に50個、今年は5個。1年に25〜30個ぐらいを目標にするのが良さそう。50個もあると、食べきれないうちに腐らせてしまうし。

 2月中旬〜3月に剪定をする予定なので、プランを立ててみた。まず、これが現状です。

20200126-1.jpg

 上に伸びている薄い黄緑色の枝は、去年の秋に伸びたもの。この枝には今年は実がつかないと思われるので、根元近くまで切り戻して、新しい春枝が出てくるのを期待する。一方、下3分の2ぐらいについている枝は去年の春以前に伸びたものなので、花芽を持っているはず。これらは基本的には残すが、花芽が判別できるようになったら、適当に間引く。「花芽を持っている枝が20本ぐらい」「1つの枝には実が1〜2個」あたりが目標かな。

 また、木の高さをもう少し抑えたい。「低めの脚立に乗れば全体が見渡せる」ぐらいにしておかないと、手入れが大変になりすぎる。このため、太い枝で高く伸びているものを、切り詰めていく。切り詰める候補を6本決めた。

20200126-2.jpg

 1,2 は、高さはそれほどないのだが、お隣の庭に向かって伸びているので、早めに切り戻しておきたい。2 の先には葉がかなりたくさんついているので、切り詰める位置をもう少し上にして、葉を残すようにした方がいいかもしれない。ちなみにナツミカンの剪定では「一度に落とす葉の数は全体の 20% 以内にすべき」と言われている。

20200126-3.jpg

 3 は、内側に向かって伸びてしまっているのがよくない。これも早めに切り詰めておきたい。

20200126-4.jpg

 4 はちょっとわかりにくいんだけど、全体図で見ると右上の方に枝が伸びている。放っておくとどんどん徒長枝を出す感じなので、先端の位置をもう少し低くしておく。

20200126-5.jpg

 5, 6 は木の真ん中へんにある上むきの枝。下の写真は、全体図の左上あたりに脚立を置いて(上の写真の脚立とちょうど反対側)、上から撮影したもの。

20200126-6.jpg

 剪定後にもう一度写真をとって、比べてみようと思います。

タグ:園芸
posted by toshinagata at 19:35| 日記

2020年01月25日

LuaAppMaker: グラフを描く

 LuaAppMaker のチュートリアル、「LuaAppMaker でアプリを作る」に新しい章を書きました。

 数式を解釈して、軸とグラフを描くところまでです。

20200125-1.png

posted by toshinagata at 23:59| 日記

2020年01月20日

高木守道氏逝去

 中日ドラゴンズ OB の高木守道さんが急逝された。驚いたのは、突如として高木さんを讃える記事が怒涛のように公開されていること。高木さんが二度目に監督をやっていたとき、みんなけっこうボロクソに言ってなかったか? 「1年目に2位になれたのは落合前監督の遺産で、2年目はやっぱりダメだった」みたいな声ばかり聞こえていたような気がする。

 おそらくは、自分の見ていた情報が偏っていたのだろう。私は「落合監督をやめさせてドラゴンズの生え抜き OB で首脳陣を固めた」という親会社(中日新聞社)のやり方がすこぶる気に入らなかったので、高木監督にもいい印象を持っていなかったのだと思う。高木監督が掲げていた「Join us」というスローガンも、ファンサービスに不熱心だった落合前監督に対する当てつけとしか思えなかった。ここ数日の高木さんに関する記事を読んで、ドラゴンズの生え抜き OB の中では数少ない「落合監督の理解者」だったことなどを知って、今更ながら認識を改めた。

 高木さんの現役時代は一応知ってはいるし、「燃えよドラゴンズ」の最初のバージョンが「一番高木が塁に出て」なのももちろん知っていた。ただ、Wikipedia に書かれている「二塁手としての守備記録は NPB 歴代トップ」というのはびっくりした。そこまでの人だとは知らなかった。掛布さんも落合さんも「歴代最高の二塁手は高木守道」と言ってるんですってね。そうだったんだ…

 なんだか、高木さんのことをもっと早く、詳しく知っておきたかったな、と今更のように思っています。ご冥福をお祈りします。

タグ:野球
posted by toshinagata at 00:15| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ