2018年05月19日

ESP8266 で電波時計を合わせる

 ESP8266 で電波時計を合わせる件、プロトタイプができました。

20180519-3.jpg

 ブレッドボードの配線図はこちら。

20180519-1.png

 ESP8266 のスケッチはこちら→ JJYSimulator.ino.txt

 ATtiny85 のスケッチはこちら→ JJYSimulator_40kHz.ino.txt

 アンテナは AWG22, 2 m のビニール被覆線を適当に巻いたもの。たぶんそんなに強い電波は出してないと思うけど、まだ確認はしてない。至近距離で電波時計が合うことは確認した。

 タクトスイッチが2つある。ESP8266 に近い方はスケッチ書き込み用で、これを押しながら電源を入れるとスケッチ書き込みモードになる。もう一つは WiFi 初期化用で、これを押しながら電源を入れると WiFi を設定するモードになる。PC(スマホでも可)で "ESP_WiFi_Configure" に接続して、アクセスポイントの SSID/パスワードを入れる。同時に、NTP サーバのアドレスと、電波を出力する時刻範囲(深夜に1時間だけとか)を設定できるようにした。今気づいたけど、テスト用にオフセットの時間を設定できるようにしておけばよかったな。

20180519-2.png

 電源はエネループのままでもいいのかな、と思い始めている。最初は AC アダプターを使って常時稼働させることを考えていたが、ときどき電源を入れて電波時計の前に放置しておく、という使い方でもいいような気がしてきた。受信する側の電波時計の仕様にもよるんだけど。

posted by toshinagata at 22:15| 日記

2018年05月14日

日大アメフトのラフプレー

 日大・関学のアメフト定期戦で、日大選手が危険なタックルをした件。関東の大学で、日大との試合をキャンセルするところが続出しているそうです。そりゃそうだよね。リーグ戦も全試合ボイコットでもいいぐらいじゃないですか。アメフトってそもそも危険なスポーツなんだから、プレイヤーたちが協力して危険を回避することを前提としないと試合が成立しない。あのプレイが問題になった時点で、日大フェニックスは即座に全面的な謝罪の声明を出すべきだった。

 もっとも、正直に言うと、あんまり驚いてはいません。ああ、日大フェニックスってそういう価値観のチームなのね(やっぱり)、という感想です。処分するとか、監督の責任はどうなってるのかとか、いろいろ言われてますけど、本人を退部させたり、監督やコーチに謹慎を命じたりしても、あんまり効果はないだろうと思います。「QBをつぶす時はもうちょっとバレないようにやれ」って指示する、ぐらいが関の山でしょう。悪いことをしたなんて、1ミリも思ってないんじゃないですか。選手も指導者も。

 こういう人たちを「のさばらせない」ようにするには、まともな企業が日大フェニックス出身者の採用を見送るとか、才能を持った高校生をこのチームに推薦しないとか、そういう流れになってこないといけないだろうな、と思います。要するに、「汚い手を使ってでも勝てばOK」という価値観がチームとして蔓延しているわけでしょう。教育機関として信用できないよね(日本大学って教育機関だよな?)。

 まあでも、現実にはなかなかそういう話にはならないんでしょう。しばらく時間がたったら、何事もなかったかのように「アメフトの名門」みたいな大きな顔をし続けるんだろうな。アメフトの関東リーグに所属している人たちには、ご愁傷様です、というほかない。

タグ:社会
posted by toshinagata at 21:42| 日記

2018年05月10日

「生ごみ先生の元気野菜革命」(吉田俊道/東洋経済新報社)

 生ごみコンポストで家庭菜園をやっているが、どうも思うようにいかない。ネットの情報だけじゃなくて、ちゃんと本になっているものを読んだ方がいいな、と思い、図書館で目についた本を何冊か借りてきた。そのうちの一冊。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 著者の吉田さんは、県の農業相談員の仕事をやめて、有機農業に転身した人。それだけではなくて、保育園や小中学校で、生ごみコンポストを使った野菜作りを指導して、成果を上げてこられたとのこと。

 最初の方に紹介される体験談で、「無農薬でも元気な野菜には虫がつかない」という話がたいへん興味深かった。庭で野菜を育てても、すぐに虫がついてひょろひょろになってしまうので、「やっぱり農薬なしでは難しいのかなあ」と思っていたのだが、吉田さんは「もともと植物に元気がないから虫がつくのだ」ときっぱりと言い切る。ほんとなのか? まじめに生ごみ堆肥を作ったら、元気な野菜が育てられるの? プランターでもできるということだから、小さな庭の畑でもできるのかな。本書第4章に実践法が書いてあるのだが、スプラウトを作る、という話で終わってしまっている。もう少し踏み込んで、たとえばホウレンソウの作り方とか書いてくれたら嬉しかったのだけど。

 第3章では、「食生活改善のチェックリスト」など、子供の食育に関連する話題が並ぶ。「砂糖の摂り過ぎが子供をキレやすくする」とか根拠の怪しい話も混じってきて、ちょっと危なっかしい。「元気な野菜を作って食べる」ということに関しては、実践の重みが感じられるが、そうでない話題はナナメ読みにしておいた方がよさそう。

 食育がらみの部分はさておくとして、いい土を作って「元気な野菜」を育てる、というのはぜひ実現してみたい。現状で何が足りないのかよくわからないので、もう少し基本を勉強しないといけないのかな。

タグ:読書 園芸
posted by toshinagata at 23:16| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ