2017年05月07日

MachiKania 改良

 PIC32MX を使った BASIC コンピュータ MachiKania。使ってみたとき、キーボード入力時の画面のちらつきがあまりにも激しくて、「これはちょっと自分には無理かな」と思ってしまったのだが、大幅に改良されたようです。

 DMA グッジョブ。うまく活用すると効果的だと思うんだけど、けっこう難しいんですよねえ。ラズパイでも DMA を活用したいのだけど、なかなかうまくいかない。ま、仕事でもないので、ぼちぼちやります。

posted by toshinagata at 22:55| 日記

2017年05月04日

シマトネリコの剪定

 庭のシマトネリコがどんどん大きくなる。庭が広ければ大樹の陰もいいものだが(たぶん)、狭い庭に大きな木があっても暗くなるだけで、手入れも大変だし、あまりいいことはない。今年は思い切って強剪定してみました。

20170504-1.jpg

 上の方でヒゲのように枝が出ているが、そこより下の太い枝からわき芽が出て来たら、上を切ろうと思っている。大丈夫か、と思うぐらい切っちゃったけど、小さな芽はたくさん出ているし、シマトネリコの若枝は5〜6月にものすごく伸びるので、たぶん大丈夫。(シダレウメを一度枯らしているのであまり説得力がないけど…)

 ちなみに、剪定前はこんな感じだった。形はきれいだったんだけど、いかんせん大きすぎた。

20170504-2.jpg

 なお、ナツミカンの方は、今はこんな感じです。こちらもだいぶ背を低くした。今年はものすごく豊作でした。数えてないけど、50個以上とれたと思う。今回は花芽も含めてかなり切ってしまったので、来年は今年ほどはとれないと思う。まあ、50個もとれても食べきれないので、少なめでもいいかな。

20170504-3.jpg

 ナツミカンは植えてよかった。春は緑の芽が一斉に出るし、白い花もきれい。秋頃から実が色づき始めて、冬の庭をずっと彩ってくれる。食べてもおいしい。丈夫なので手間もかからない。(最初の頃は弱々しくて、どうなるかと思ったけどね。)

タグ:園芸
posted by toshinagata at 19:25| 日記

2017年04月27日

Daruma BASIC で対数らせん

 Daruma BASIC で対数らせんを描いてみました。ラズパイ3、ベアメタルです。

 プログラムはこちら。GitHub のレポジトリにも入ってます。

w=screensize(0)/2
h=screensize(1)/2
dim col(4)
col={rgb(1,0,0),rgb(0,1,0),rgb(0,0,1),rgb(1,1,0)}
p=0
b#=6.0
do
 redraw 0
 gcls
 for i=0 to 3
  gcolor col(i)
  for r=0 to w*2
   t#=b#*log(1+r*0.1)+3.1416*(i*0.5-p/20.0)
   x#=w+r*cos(t#)
   y#=h+r*sin(t#)
   if r=0 then
	pset x#,y#
   else
	lineto x#,y#
   endif
  next
 next
 p=(p+1)%40
 redraw -1
loop

 昔の BASIC に慣れた人だと、FOR 以外のループ構文が DO...LOOP で統一されているのに違和感があるかも知れませんね。これは JIS Full BASIC (X3003-1993) を参考にした仕様です。といっても、その他のところは全然 Full BASIC には準拠してないので、ここだけ準拠しても実は意味がない。素直に REPEAT...UNTILWHILE...WEND にした方がよかった気もする。

posted by toshinagata at 22:54| 日記