2018年05月28日

「『育つ土』を作る家庭菜園の科学」(木嶋利男著/講談社ブルーバックス)

 先日の「生ごみ先生」の本に続いて、土作りの勉強。今度はブルーバックスなので、科学書としての性格が強い。もちろん学術書ではなくて、一般向けの本ではあるけど。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 一部、専門用語が説明なしに使われているところがあるけど、全体としてはわかりやすく解説されている。特に、最初の方の「土の物理性」「土の化学性」の解説は、土に関する理解を深めるのに役立った。一般的な園芸の本を見ると、「団粒構造がいい」という話や、粘土と砂の違いぐらいは大抵書いてある。けれども、そこより先には踏み込まないので、結局「どういう風に土を作っていけばいいのか」がわからない。本書では、粘土にもいろいろな種類があることや、団粒構造が形成されるメカニズムなどについても触れられているので、「何をすればどうなるのか」がある程度イメージできるようになる。(といっても、あくまでもイメージである。正確に理解するには農学の勉強をしないといけないし、実験で確かめる必要もある。)

 うちの庭は、少し掘り返すと粘土層が出てくる。そのまま粘土細工が作れそうな、ねっとりした土である。調べてみると、名古屋近辺の粘土はカオリナイト系が多いらしい。カオリナイトは陽イオン交換容量が小さく、栄養分を保持する力が弱い。いくら有機物をすき込んでも「ふかふかな土」にならずに、雨が降ると固まってしまうのは、この特性によるものなのかな。

 とりあえず実験として、コンポストの内容物の改良をやってみようと思う。コンポストの中身は生ゴミ(ほぼ野菜くず)と土で、土は大部分が庭土、一部は古い培養土が入っている。まずは、山砂を入れて混ぜてみた。根気よく切り返していけば、砂と粘土がうまく混ざり合ってくれないかな、と思っている。ここに、保持力を期待してバーミキュライトを入れて、どう変化するかを観察していきたい。

タグ:読書 園芸
posted by toshinagata at 00:41| 日記

2018年05月19日

ESP8266 で電波時計を合わせる

 ESP8266 で電波時計を合わせる件、プロトタイプができました。

20180519-3.jpg

 ブレッドボードの配線図はこちら。

20180519-1.png

 ESP8266 のスケッチはこちら→ JJYSimulator.ino.txt

 ATtiny85 のスケッチはこちら→ JJYSimulator_40kHz.ino.txt

 アンテナは AWG22, 2 m のビニール被覆線を適当に巻いたもの。たぶんそんなに強い電波は出してないと思うけど、まだ確認はしてない。至近距離で電波時計が合うことは確認した。

 タクトスイッチが2つある。ESP8266 に近い方はスケッチ書き込み用で、これを押しながら電源を入れるとスケッチ書き込みモードになる。もう一つは WiFi 初期化用で、これを押しながら電源を入れると WiFi を設定するモードになる。PC(スマホでも可)で "ESP_WiFi_Configure" に接続して、アクセスポイントの SSID/パスワードを入れる。同時に、NTP サーバのアドレスと、電波を出力する時刻範囲(深夜に1時間だけとか)を設定できるようにした。今気づいたけど、テスト用にオフセットの時間を設定できるようにしておけばよかったな。

20180519-2.png

 電源はエネループのままでもいいのかな、と思い始めている。最初は AC アダプターを使って常時稼働させることを考えていたが、ときどき電源を入れて電波時計の前に放置しておく、という使い方でもいいような気がしてきた。受信する側の電波時計の仕様にもよるんだけど。

posted by toshinagata at 22:15| 日記

2018年05月14日

日大アメフトのラフプレー

 日大・関学のアメフト定期戦で、日大選手が危険なタックルをした件。関東の大学で、日大との試合をキャンセルするところが続出しているそうです。そりゃそうだよね。リーグ戦も全試合ボイコットでもいいぐらいじゃないですか。アメフトってそもそも危険なスポーツなんだから、プレイヤーたちが協力して危険を回避することを前提としないと試合が成立しない。あのプレイが問題になった時点で、日大フェニックスは即座に全面的な謝罪の声明を出すべきだった。

 もっとも、正直に言うと、あんまり驚いてはいません。ああ、日大フェニックスってそういう価値観のチームなのね(やっぱり)、という感想です。処分するとか、監督の責任はどうなってるのかとか、いろいろ言われてますけど、本人を退部させたり、監督やコーチに謹慎を命じたりしても、あんまり効果はないだろうと思います。「QBをつぶす時はもうちょっとバレないようにやれ」って指示する、ぐらいが関の山でしょう。悪いことをしたなんて、1ミリも思ってないんじゃないですか。選手も指導者も。

 こういう人たちを「のさばらせない」ようにするには、まともな企業が日大フェニックス出身者の採用を見送るとか、才能を持った高校生をこのチームに推薦しないとか、そういう流れになってこないといけないだろうな、と思います。要するに、「汚い手を使ってでも勝てばOK」という価値観がチームとして蔓延しているわけでしょう。教育機関として信用できないよね(日本大学って教育機関だよな?)。

 まあでも、現実にはなかなかそういう話にはならないんでしょう。しばらく時間がたったら、何事もなかったかのように「アメフトの名門」みたいな大きな顔をし続けるんだろうな。アメフトの関東リーグに所属している人たちには、ご愁傷様です、というほかない。

タグ:社会
posted by toshinagata at 21:42| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ