2017年08月09日

ラズパイ: Luajit で OpenVG を使う

 ラズパイ上のスクリプト言語の一つとして、Jun Mizutani さんに倣って、luajit を試してみた。これはいいですね。C のインターフェイスを内蔵していて、OS の共有ライブラリを直接呼べるのがいい。

 低レベル入出力関数の open() なんかも、こんな風に直接呼び出せるわけです。

local ffi = require "ffi"
ffi.cdef[[
  int open(const char* filename, int flags);
  int close(int fd);
]]
local O_RDONLY = 0
fd = ffi.C.open("/dev/input/event0", O_RDONLY)

 前にやった OpenVG のグラフィック描画 を、luajit で試してみた。Jun Mizutani さんの LjES を参考にした(一部コードを使わせていただいた)。

20170809-1.jpg

 昔の 8 ビットマイコンゲーム風動画。まだキャラクタが動いているだけだけど。

 コードはこちらに置いておきます。ラズパイ上でダウンロードして、tar xvfz ljsc_sample.tar.gz で展開して、cd ljsc_sample; luajit fish.lua で実行できます。

posted by toshinagata at 17:49| 日記