2018年11月12日

NHK ドラマ「フェイクニュース」見た

 話題の「フェイクニュース」、録画してあったのをやっと見ました。

 前編は圧倒的なリアリティと迫力だったんだけど、後編はちょっと盛り上がりを狙いすぎなような気がした。わかりやすい「悪者」を仕立てあげるストーリーにしたくなかったのかな。最後の「一ヶ月後(だったかな?)」のシーン、みんな平穏な生活に戻っているようでいて、「あの騒ぎはいったい何だったんだろう」というのがもやっと残っているあたりが、これまた妙にリアリティがあるようにも思う。

 「フェイクニュース」。知識としては知っていたけど、こういうドラマに仕立ててくれると、ものの見方の引き出しが一つ新しくできたように感じますね(気のせいかも知れないけど)。いいものを見せてくれた脚本家・制作陣・俳優のみなさんに感謝。

タグ:テレビ 社会
posted by toshinagata at 21:53| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ