2019年02月09日

叔父の葬式を出した

 前回のエントリを書いて、就寝した後、夜中の1時半ごろに病院からの電話で起こされた。叔父(母の弟)が去年の12月から入院していて、一番近くに住んでいる自分が対応してきたのだが、容態が急変して朝まで持たないかも、と。交通機関がないため、タクシーで病院へ。残念ながら、数分の差で間に合わなかった。

 人が亡くなると、すぐに葬儀屋さんに連絡して、葬儀の手配をしないといけない。家で寝ずに待機してくれていた妻に少し調べてもらって、葬儀屋さんを決め、遺体の引き取りの段取りをつけた。

 あとで到着した主治医の先生に死体検案書を書いてもらった。最期の状況の記録から見て、急速に意識が遠のいていったはずだから、痛み・苦しみはほとんどなかっただろう、とのこと。実は、前日の夕方に先生と面談した時に、施設に入居している奥さんについて「会わせるなら今ですよ」とアドバイスを受けて、その足で施設に迎えに行って面会してもらったところだった。会わせておいてよかった…

 遺体はとりあえず自宅に戻して、安置してもらった。すぐに葬儀の打ち合わせに入る。葬儀屋さんは「葬儀場でちゃんとしたお葬式をあげる」方向に誘導しようとするのだが、こちらはきっぱりと「家族だけであげたい」方針を伝える。だって、80歳超えてるんだよ。そんなに人こないよ。(なお、葬儀屋さんの誘導にもちゃんと理由はあって、家族葬にした場合に、故人の知人が後で「弔意を伝えたかったのに」と不満を感じるケースがよくあるらしい。)

 結局、葬儀場の和室を借り切って、そこで私的なお通夜を行った。お坊さんは呼ばず、知人親戚で故人の思い出を語った。翌日、出棺前にお坊さんに来ていただいて、お経を上げてもらった。八事斎場で荼毘に付し、そのまま解散。久しぶりに会った親族同士でたくさん話をして、いい時間を持てた。

 実は本業の方が「一年で一番大変な時期」に重なってしまったのだが、同僚の人たちも気持ちよく休みをとらせてくれたし、妻がずいぶん動いてくれたので、なんとか無事にすませられました。みんなありがとう。

posted by toshinagata at 23:26| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ