2020年11月15日

3Dプリンタ:ねじを作る(つづき)

 3Dプリンタで、ねじを作る話の続き。ボルトの頭に平目ローレットを入れてみた。

20201115-1.png

 「平目ローレット」って、ちゃんと規格があるんですね(JISB0951:1962 ローレット目 - kikakurui.com)。今回作ったのは、ぜんぜん規格には従ってないので、「なんちゃってローレット」と言った方がいいかな。規格があるのなら、Fusion 360 で作成するツールもありそうなものだけど、見つけられなかった。スケッチを描いて、押し出しで作りました。

20201115-2.png

 プリントしてみました。今度は、ナット側を 107% 拡大した。いい感じで入るようになった。でも、まだ少し角が指に当たって、回すと痛い。それと、3Dプリンタのベッドに接している面が、少し膨れている(矢印のところ)。プリントする時に、ラフトをつけたほうがいいな。

20201115-3.jpg

 再設計する。ボルトの頭は、面取りした。ナットの両端は、角に合わせて三角形を描いて、ナットの軸の周りに「回転」させて切り取った。なんだかそれっぽい形になってきました。

20201115-4.png

 ラフトをつけてプリントした。ラフトから切り離すのに結構難儀したけど、なかなかいい形になりました。手で回しても痛くない。

20201115-5.jpg

posted by toshinagata at 20:36| 日記
email.png
Powered by さくらのブログ